2021年3月7日日曜日

fujiのGFX100sが3位だと・・・


https://digicame-info.com/2021/03/2gfx100s3.html
GFX100s、発売後たった5日でランキング3位はすごいね、この機種でfujiのGFXシリーズもポピュラーになりそう。手持ちのGFX100のリセールバリューが落ちるのは痛いけど・・・
GF63mmを買うだの買わないだの言ってた件も、車の買い替え+ガウディの椅子落札でぶっ飛んだ。写真への興味も削がれがちだが、この2年ほどの撮影スタイルにも飽きてきたし、小休止・冷却期間だと思えば丁度いいかも?


身辺ザワザワ

 ↓はFB3年前の思い出

↓は、ガウディの椅子絡みで80年代にグエル邸だったかで撮ったガウディの椅子?(ではないと思う)の写真を使ったCOREという輸入家具店のDM











来週は大事な仕事&たくさんの機材搬入など忙しい、ガウディの椅子搬入も来週後半かな?
再来週はハスラー納車に続いて医療系撮影仕事が続くいて忙しい。
3月第4週になって暇になり、ハスラーのシェイクダウン旅行もできるかな?
GoToキャンペーンも再開されると良いな!
・・・でも後2週間、考えただけでも疲れる。

2021年3月6日土曜日

メモ

去年の大きな仕事の印刷上がりが届いた。印刷仕上がりが微妙、黒の締りが悪く、ハイライトも伸びておらず、オンデマンド印刷のような仕上がり。
 来週と月末に面白そうな映画/上田義彦撮影の「椿の庭」と森山大道の記録映画「過去いつも新しく、未来はつねに懐かしい」の試写会をお誘いいただいたが、写真への興味が落ちているので、嬉しさ半分。
 
 モロモロ、先っ走りしないように注意!注意!!と書きながら、ハスラーの天井につけるフックと、荷室につける伸縮ネットをAmazonに発注、コレでも十分粘った方。天井は折畳式のフックのみで必要に応じて荷室のネットを天井に吊る、とにかくできるだけ軽装備を心がけること!
 ダウンサイジングのキモが車かと言えば違うと思うが、車をダウンサイジングすることが加齢によるダウンサイズ志向を象徴的に理解させてくれる。5年前、10年前のサイズ感なら、適正な車は1LターボのA~Bセグメントだったし、現に5年前には900ccターボのAセグメント=フィアット・パンダを買っている。加齢によってコチラの価値観・体力が変化したということだ。




ガウディの椅子、二人掛け

ずっとヤフオク・ウォッチしてる神戸の中古家具屋でガウディの2人掛け椅子が出ていたので落札してまった。この椅子、80年代にスペインに行ったときガウディ美術館だかで見て、写真も撮ったもの(のレプリカ)。本当はコレが欲しかったんだけど、同じお店のヤフオクで見つけた一人掛けの椅子は数年前にゲット。散財続きだが、なかなか見つかるものでもないので「清水から跳んでみた」
正直言って、終活・ダウンサイジングには逆行するなぁ。










 

2021年3月2日火曜日

今週は目一杯「暇」

今週は目一杯「暇」、今日は朝から雨でウォークも運動も休止日、昨日から想定していたこと、若干ストレス。
IKEAのLED電球が一つ切れたので買いに行こうか?、LEDは意外と持ちが悪い?当たり外れが多い?、、、実感。
午後から雨が強くなる予報なので、午前中にAmazonからハスラー用に買ったドラレコが届いたらすぐにディーラーに持って行こうっと。
たかが車、されど車、さらに言えばたかが軽自動車、散財は楽しい。
今日に限ってAmazon遅い!、電話せずにディーラーへ行ったら店長お出かけで出直し、今日はハズレの日の模様。
、、、と思いつつ、再度ディーラー店長さんを訪ねてみると僕が予想してたより約1週間早く納車される見通しとのお話、最後に逆転の一日だった。

結局却下:ハスラー車室天井にサイドバー

 3月になった、後3週間ほどは新しい車のことで頭が一杯になるはずだ。
その間に大きな撮影仕事が一つある。
今は、新しいハスラーにルーフサイドバーを取り付けることを検討中。
少し前までは、ルールにある5個のパーツ取り付け用隠し穴を利用してフックを取り付けことを考えていたが、N-Van純正オプションにあるようなルーフサイドバーをAmazonで発見した。コチラのほうが日常使いでの収まりが良く、ルーフネットを使う場合の使い勝手も良さそうに見える。
日常使いでは、天井収納は不要だが車中泊を想定すると「あったほうが良い」。
3月2日、昨日夕方突然ハスラーのナビをメーカー純正9インチにしようと思いついてディーラーさんに電話するも、すでにメーカー発注済みとのことで無理との回答。「まァいっか」レベルのお話で、当初の予定通りAndroid Autoを使い全方向カメラは取り付けないということで落ち着いた。
 今日は朝からなにげに不安感が漂っている、思い当たる節はない。

サイドバーの件、詳しく調べるとハスラーの後席アシストグリップを外してソコにつけるには、別途6mmの角ナットというパーツが必要で、見たところ元通りに戻すのが難しそう。もう一つ、後席サイドを保護するカーテンエアバッグの展開で干渉する恐れもあり結局やめることにした。当初の予定通り、天井のメクラ蓋を外してソコに折畳式のフックを付けておいて、必要に応じて荷物室に常備する40x90cmのゴムネットを天井に吊るという使い方が妥当だと結論した。

2021年2月28日日曜日

我が家の車系譜

FIATのパンダくん、昨日買取業者に引き取られていった。近くの中古車販売店に並ぶことになると思う。悪い子ではなかったが、HONDAのN-Vanがいい子すぎて欠点が目立ってしまったというのが可愛そうだった。
HONDAシビックに始まり、HONDAビガー(アコード)→日産FIGARO→VWポロ→VWニュービートル→VWビートル・カブリオレ→HONDAフィット→Alfa Romeoミト→FIATパンダと続いた我が家の乗用車(女房の車)系譜になる。次はスズキのハスラーで内定しているが、約一ヶ月の空白ができるのは初めて。
肩の荷を下ろした感が強いのは、Alfa Romeoミト以来のホワイトハウス系ディーラーと縁が切れた事が嬉しい。輸入車はメインテナンス、パーツが高い。庶民の味方=軽自動車は、モロモロありがたい。
乗用車ラインとは別に、仕事グルマの系譜も思い出しておこう。
日産バネットに始まり、いすゞのファーゴが赤白2台、赤ファーゴからTOYOTAハイエース・ハイルーフ・スーパーロング、スタジオ業務縮小に伴いTOYOTAライトエース・ノア、18年乗ったノアから現在のHONDA・N-Vanへ。
もう一つ、スタッフの通勤や打ち合わせに使う車として90年代には、HONDAトゥデイに始まり、HONDAアクティ、事故で廃車にしたSUZUKIのハッスルまで続いた軽ラインもあった。
そうしてみると、軽ラインが乗用車ラインと統合して復活という流れになるのか?

2021年2月27日土曜日

パンダ引取を待ちながら、橙(ダイダイ)絞り

 本日2/27は、4年半前に長期政権を予想したフィアットパンダお嫁入りの日。買取価格が想定以上だったこともあって、なんとなくソワソワ落ち着かない。
パンダの引取を待ちながら、今シーズン2回めで最後の橙(ダイダイ)絞り。結構重労働、今日は合わせて2.5Lほど絞り、1Lは冷凍、削いだ黄色い皮の部分はただ今マーマレイド製作中。



2021年2月26日金曜日

モロモロ段取り

 まずクリアする日程では、2/27のパンダ引取。
次はハスラーに取り付けてもらうドライブレコーダ入手。
自分で取り付ける天井フック→納車後入手に変更
納車後1000Km又は1ヶ月程度試乗し、乗り味を見た後
初回点検でリアショックアブソーバを交換するかどうか決定。
↑まだ新型ハスラー用のKYBアブソーバが発売されてないのでペンディング。その後で言えば、家人の出勤する仕事も終了したので、ハスラーの出来次第だが、次のN-Van車検で売却も視野に入ってくる、、、ダウンサイジング!ダウンサイジング!!

このところハスラーのことに頭がイッテて、仕事以外の写真のことを全く考えず。カメラ・レンズの購買意欲も消失、こういう冷却期間はある意味良いことだと思っている、プライベートな写真も転換期に来ているから・・・・

 そうこうしていたら、我が家が使っている格安スマホのIIJが大手キャリアに対抗してお値打ちな新プランを発表。うちのようにデータ通信量が少ないユーザーにも恩恵がある「良いプラン」だ。ただ、車をハスラーに変えるとナビをGoogleAutoにするのでそこそこデータ通信量が増えるところは心配だけど・・・

2021年2月23日火曜日

魔法が解けた?

 明日の仕事は、朝早い集合で高速渋滞が若干憂鬱。
今朝は魔法が解けたような夢で目醒た。
昨日の90年代プリント再製本であらためて見た写真の影響大。
「パンダ → ハスラー」乗り換えも大きな影響・きっかけだった気がする。
今更ながら、恥ずかしながら、ゆかりの存在がすごく僕の中で大きくなっている。
上を書いたのは一昨日、今朝も変な夢を見て朝5時前に起き出した。
アリスの国に迷い込んだような夢、同様になにかのシガラミ・魔法から自由になったような感覚もある。

2021年2月20日土曜日

90年代、カラースナップAlbum再製本完成

先月になるか?コレまでの写真を自作革製本で作り直していた作業、最後の一冊が完成した。
良くも悪くも思い出いっぱいの90年代、多分94年以前にCONTAXのTvsとパノンのワイドラックスで撮り、ポジフィルムをネガ現像したシリーズ。
そのネガをデジタルスキャンし、A3デジタルプリントにしたももう10年以上前の話だ。写真全容は以下のリンク先で見られるよ!
 あらためてA3プリントを見ると、高感度フィルムのスキャン画像とは言え、今のデジタルカメラ、例えばOlympusのTG-6という防水コンデジの画質とは比べ物にならないぐらい荒く、解像度も悪い。そう言えば、その防水コンデジ元々のお役目、麹部屋での撮影は終えたのだが、媒体を選べばとても便利に使えるので継続使用中。先日も仕事でフルサイズカメラでは狭くて入らないようなタンクの中を撮影し、ちゃんとした画像を撮ってくれた。レタッチ作業でもコンデジで撮ったことにすぐには気づかない画質だった。
http://www.nambu-web.com/c41/index.htm
 

乗換え(パンダ→ハスラー)プラン進行で変化の予感

 

↑90年代なかばに乗っていたスズキの軽自動車ハッスル、とてもお気に入りだったが事故で廃車。
↓只今注文中の新型スズキハスラー、デニムブルー/ガンメタ2トーン

車の乗換え(パンダ→ハスラー)プラン進行で変化の予感。
加齢に伴いコチラ(乗る側)の感性・乗り方が変化したことに応じてのダウンサイジング・ミニマル化ということになる。ターボ付き軽自動車で僕のドライブスタイルでは十分な動力性能ということを学んだのはHONDAのN-Van。軽自動車の大きさ・CVTという変速機、アダプティブ・クルーズ・コントロール+レーンキープアシストで運転がとても楽だということもN-Vanで学んだ。
しかしさらなるダウンサイジングでは、この先1~2年でN-Vanを手放す可能性を感じている。ハスラーが快適性・実用性でモロモロN-Vanを超えていることがまずは前提条件。
 具体的には高速道路を使った片道200~300Km程度の旅行でN-Van以上に快適かどうか?、N-Van比較で車高の低さと車重の軽さ、プチハイブリッド、5ナンバー乗用車であることなど、横風下での直進性、巡航・加速時の静かさ、オーディオの音質などスペック上では期待できる、、、ただホンダ車の基本性能は侮りがたい。
現在N-Vanの車載荷物量を必要としているのは2つの仕事、それらが続くかどうか?も「いつ」の目安。
家人の車使用が仕事の関係で減ることは予想できるが、本当に1台/一家の車で大丈夫になるか?など。
 ハスラーでもう一つ冒険したのが、純正ナビ不搭載でAndroid Autoを利用するディスプレイ・オーディオにしたこと。多分経路の分岐案内は不親切だろうが、余計なお世話がなくなり、ナビ機能を一元化できる。音源はスマホを接続してない状態ではUSB、スマホ接続Android Autoではスマホメモリー内の音楽となる。音質は純正オーディオの中では期待できるが、試乗でラジオしか聴いてないので実際のところは不明。
 新型ハスラー試乗記事でよく見かける後部からの路面ショック。コチラはタイヤサイズの変更でしのげるか?ディーラーの信頼厚い店長さんに伺ったところ、むしろショック・アブソーバーというサスペンションパーツ交換はどうかとの逆提案。サスペンションのチューンアップというと「走り屋」のイメージだったが、ネットを探すと割といいらしい。

2021年2月16日火曜日

ハスラーに至った経緯

 FBでトヨタのIQに乗っている元D通、トヨタのハウスエージェンシーにお勤め後引退した某氏の奥様から「ハスラー大好きです。朗さんが、アンチ軽自動車なので、良さを伝えてください。よろしくお願いします。 (≧∇≦)」というコメントを頂き、それに返信したのが以下。
******************************
なかなか難しいですね。軽自動車というサイズ・エンジンの規格、優遇税制で、世界的に見れば奇形と言える形で育ったカテゴリーですからね!でもそこが僕は好き。
 車中泊と機材運搬を念頭に選んだホンダのN-Vanに1年半あまり乗って、高知までを含め高速を使った300Km超のドライブを何度かして、「コレでいいや」と思ったし、高速マナーとしては左車線を100Km/h以下で巡航、時々追い越し程度なら走行性能もコレで良し、逆に速度違反や車線変更のストレスが少ない(ホンダのアダプティブ・クルーズ・コントロールとレーン・キープ・アシストが効きました)。街乗り二人なら軽専用の駐車スペースがあったり、狭い街路が楽だったり、CVT(オートマチック)の特性がパンダのデュアロジックというATより使いやすかったり、軽ターボ車は「楽だなぁ」という印象を持ちました。

日本での車の動力性能・サイズ感のほどよい理想は、Aセグメント(トヨタで言えば、パッソやルーミー)あたり、エンジンで言えば1000cc3気筒ターボ辺りだと思っているんですが、実際そのサイズのフィアットパンダに5年乗った経験も踏まえると、軽規格で鍛えられたスペース効率や優遇税制が魅力、軽自動車という庶民的な記号性もその質素さ、ミニマルさが逆に好きです。サイズ感で言えば、初代BMCミニクーパーや2代目フィアット500、より少し大きく、初代シビックや初代カローラとほぼ同等。それぞれ好きな車だったので、なんとなく納得です。
初代フィアット・パンダも今の日本の軽自動車規格とほぼドンピシャのサイズですね。
 引退した初老夫妻がドライブ旅行するのに、絵的にはフィアットチンクやプジョーの一番小さいやつがおしゃれですが・・・
 新型ハスラーの場合、ホンダの最新軽に比べて、アダプティック・クルーズ・コントロールやレーン・キープ・アシストの性能では劣りますが、発進時や加速時にほんの少しだけパワーアシストするプチ・ハイブリットも試してみたい機能です。後はスタイリングで、サイドビューの素っ気なさに、「やりすぎ感」「所帯臭さ」がなく好印象。ホンダ同クラスのN‐Wgn(ワゴン)と比べると、フルフラット(車中泊/災害時)になるかならないかが決定的な違い。ハスラー検討中に、だったら少々お高くなるけど同じスズキの非軽1000cc・クロスビーもイイよねっと思いましたが、やはり車中泊アレンジができず却下。
まぁそんな経緯でしたが、正直アンチ軽の朗さんの気持ちを翻すほどの説得力はないですね、好みと懐具合と、考え方でイロイロでいいんじゃないでしょうか?
実は僕もIQは大好きです、元々スマートが大好きで、もう10年近く前に検討したこともありますが、当時のVitsより高いことに納得できませんでした。逆の考え方をすれば、IQのポジショニングはレクサスオーナー向けのセカンド超小型車だと思えば納得できます。
以上、長文失礼いたしました。
以下追記:
小さな車のデザインって、大きな人の小さな車をデザインするのか、小さな人の大きな車をデザインするのかで変わりますよね。ハスラーは小さな人の大きな車デザインだと理解しています。IQは大きな人の小さな車デザインかな?主に、ボディ全体に対する窓の大きさ・配置が影響すると思いますが・・・

2021年2月13日土曜日

車買い替えの一日

昨日は午前中にスズキのハスラーXターボの試乗。車内の広さやポジショニングが軽を感じさせず、女房も満足。本当は試乗だけするつもりで行ったディーラーの店長がとてもいい人だったので、その前に見積もりを出してもらってた古い馴染みのモーター屋さんより少し高かったが、まだ若い店長のお人柄で商談→決定・契約
(写真は注文したのと同型・同色、ナンバーも白をお願い)
午後は売却のパンダ買取査定に2社が来て、元々買ったフィアット・ディーラーにも買取査定を頼みに僕が訪問。前日に査定してもらった1社も含め、高額な査定見積もりを電話してきてくれた某社で残り1社の見積もり提示を待たず即売決定、正直かなりいい金額で飛び上がって喜んだ。このあたりはヤフオク感覚だね。
コレで家の車は先進安全機能完備(N-Vanにはサイドエアバックがついてないけど)でフルフラット車中泊できるK自動車が2台ということになる。経費削減もあるけれど、高速道路は左車線を90+Km巡航というお気楽な運転スタイルと安全機能、街なかで取り回しが良い小ささ、質素感など65歳を超えたミニマルライフには丁度いい。
しっかし、1日で車2台の売り買い交渉は頭が疲れた。

 

2021年2月8日月曜日

Book作りから、パンダの乗り換えに

先日来やっていたBook作り、ついでに革の端切れを使ってタグのようなものも作った、ほぼ6冊のBook作り、残るはA3横位置の大型が一冊のみ、今日からは仕事DAYSが始まるので、また少ししてから・・・
ソレより、4年半乗ったパンダの車検が近づいているとのハガキが来て、気持ちはホボホボ乗り換えに傾いていて、そちらの件に夢中のこの数日。車選びは楽しいが、自分の仕事とディーラーさんのスケジュールが合わず試乗ができない。






 

2021年2月1日月曜日

床革を使って、革表紙作り

2~3日前から、少しずつやってるAlbumの表紙作り、いわゆる床革という仕上げてないスウェードのような安い革なので仕上げも大変。イロイロ薬剤も手に入れて、乾かしながら何度も何度も塗るので、1日2時間ぐらいずつ、後少しで革の背表紙が全部完成。明後日ぐらいにはバインダー金具も届くと思うのでそうしたら、約10冊分の自家製革表紙バインダーが完成。もう2018~19のAlbum製本は完成したので、昔に糊を使う製本で仕上げた3冊ほどのロンドンやVeneziaのBookをバインダーで綴じ直すつもり。

↑手前は柿渋、コレで黒をもっと黒く染める。
後は床革のゲバ立ちを抑え、少し艶を出す「トコノール」という薬剤

↑トコノール仕上げが終わって、脚立に乾燥中の革表紙。



 

2021年1月30日土曜日

GFX100&100sサイズ比較、重ねて見ると・・・

くどいようだが、僕が使っているGFX100(グレイで大きい方)と新製品のGFX100s(黒くて小さい方)のサイズ比較、マウントあたりで合わせて重ねてみた。大きく違うのは高さ方向、バッテリーの大きさと1個搭載と2個搭載の違い。EVFという覗くファインダー部が取り外せるか否か、性能もそこそこ違うところが、大きさに影響している。僕はほとんど取り外して使っていけどね。






 

往生際悪く、GFX100と新発売のGFX100sのサイズ比較

往生際が悪いけど、左が僕が9ヶ月前に買って使っているGFX100、右が新発売のGFX100s。画質性能は同じでこの大きさ違い、40万円安いって僕のようにプライベート(時々仕事)デイリースナップで使う者には結構きついよね。







気づき:片足立ち

 このブログを読んでくださる方は僕と同年代の方々も多いと察している。ところで同年代の皆様、片足で立つという所作、何秒ぐらいできますか?
本当は眼を閉じて立つのが正しい方法らしいが、僕は5秒と持たない。
眼を開けてでも、頑張って20~30秒が精一杯。気づいたのは朝起きてズボンを履く時に片足立ちをすることになるんだけど、最近ふらつくコトが多くなったのが原因。
片足立ちは、下半身の鍛錬・体幹の鍛錬になるので、日常生活の中でちょっとした時間を見つけて、まずは眼を開けた状態での片足立ちをやってみようと思っている。

新型コロナが「ただの風邪」になる

新型コロナが「ただの風邪」になるというのが、このコロナ禍の理想的・現実的な落とし所だと思うので、そういう観点から書かれた以下の記事など参考になりそう。

https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/21/012600044/ 



もう一つサイズ比較/GFX100sと各社ミラーレスカメラ

先にご紹介したのと別のサイトにGFX100sと各社フルサイズミラーレスカメラとのサイズ比較があったので再掲。
PanasonicのLumix‐S1あたりだと殆ど変わらない大きさのようだ。
とはいえ、僕が買い換えるとか買い増すという話はないね。

 

2021年1月28日木曜日

fujiのキャンペーン、期待はずれ・・・まっイッカ

Fuji、GFX100s発売でキャンペーンをするとは思っていたが、ボディと同時購入が必要、かつ僕の欲しいレンズはキャンペーン対象に入っていない!、残念無念!!

https://fujifilm-x.com/ja-jp/special/gfx100s-debut-cp/



2021年1月27日水曜日

新型GFX100sとGFX50R、sonyA7R4、キャノンEOS-R5のサイズ比較

多分今夜発表になるfujiの新しい1億画素カメラ(センター上下)と、他のカメラのサイズ比較画像。以下のサイトから借用し、サイズを合わせて修正してみた。僕が使っている1億画素機は縦方向に1.3倍ほどの大きさ。新製品は性能面で、若干スペックダウンしているが、だいぶん小さくだいぶん(40万円ぐらい?)お安い模様。
主要スペックは同等でカスタムモードが使えるモードダイヤルまでついて、お安く小さい方が嬉しいので
ちょっとショックではある。
https://www.fujirumors.com/


 

2021年1月26日火曜日

2020版Albumはまだ早い

 Album作り、勢いに乗って2020版も作ろうかとフォルダーを見るも、まだ新しくてどの写真にも撮った時の思いが残っており、棄てられず。少し寝かせないと、写真選びは難しい。

Album2018~19の表紙、革から・・・

Album2018~19作り、プリントは済んだがバインダー表紙の革が不足、在庫の革は色・品質悪しで靴クリームなどで仕上げを試したがいまいち。昨日お試しして、まぁまぁの出来だった柿渋で染める方法で只今作業中。3度塗りしてその後ワックス系で仕上げるのか?はまだ思案中。ピンクの革は艶があるタイプなので、ワックスでいいと思うが、黒いのはほぼスエードなので、さてどうしよう? 

「This is it」で飲みすぎ

昨夜は今更ながらの「This is it」をBS録画で見てのみすぎ、二日酔いまでは行かないけどちょっとしんどい朝。
光学ディスクに焼けないHDDに録画したので、コレは保存版とAmazonに↑を注文。アメリカン・エンターテインメントの真髄というか、最高の部分を垣間見た思い。Michael Jacksonがすごいのもともかく、オーディション場面のダンサーさんのキレの良さ、数の多さに圧倒された。

 

2021年1月25日月曜日

そろそろ卒業、、、したいかも

 Album作り続行中なれど、考えさせられること多しで疲れた。革表紙作りを混じえてやり過ごしているが、
 左膝違和感の養生を含めもう3日間もウォークせず、さっき雨のやみ間にウォークに出たら、2000歩程度の名二環歩道橋あたりでまた降り出し、地下鉄で戻った。ちょっとフィジカルが落ちてるのを実感、そして満腹。

↑↑↑と書いたのは昨日。
今朝は久しぶりの晴れ、左膝に違和感もなくいつものコースで6000歩ウォーク。膝に違和感はないが、体力が少し落ちている感じ。
昨日まで約3日間、Albumのプリント結構な数やって、自分の写真を見返していたのが効いたのか?そろそろこのコンセプトと言うか、モチーフと言うか、卒業したい気分になった。今朝歩いたコースもよく歩くコースで、ココ撮るだろうなっと撮る前に思う場所・光景が多数。
Albumにキャプションを付けている段階でも、同じ場所の写真が何枚もあったり。ソレはソレで、その時のその時の変化なども写しておくことが、一つのコンセプトだったんだけど、ソロソロ卒業もありかなっと思った次第。
また、まだプリントを続けているがちょっと落ち着きがなく、自分の写真に愛着が薄くなってる気がする。

2021年1月23日土曜日

「Album2018~19」作り

今日は雨で外に出られず、ちょっと前から始めた「Album2018~19」作りを地味にやってる。
僕のBookは数年前から、横210mm縦198mmのサイズをA2用紙から6枚切り出し、縦横それぞれの構図があまり違わない寸法でプリント、左端にA4/30穴用の穴あけ器で穴を開け、A5用バインダー金具で自作皮革表紙に製本というスタイルを続けている。まずは210x198の紙が不足、パーツは買ってあるが、2018年分を閉じ終わったところで革表紙がなくなったので前もって切ってあった革にバインダーパーツを固定など、ちょっとだけクリエイティブなプリント作業とは別の単純作業で気を抜いたり・・・
この自分の写真を振り返りながらする作業、特に写真展などの目標はないが、自分を向き合ういう結構大切なこと。そしてアルバム作りは大げさに言えば、「生きた証」を残すという作業だと理解している。

市販のA2用紙から6枚のBook寸法専用紙を切り出す。
2年前に買って切ってあった革にバインダー金具取り付け位置を決める
専用金具で穴を開け、専用パーツでバインダー金具を固定

大げさに言えば「行きた証」を残す作業。

 朝一番、ネットブラウザーChromeを立ち上げて星占いを2つ見ると、どちらも最低12番、
さすがに出鼻をくじかれる。
まぁ、今日は気をつけて!という忠告だと受け止めて「気をつけよう」
天気予報、夕方までは雨が上がる予報が外れ、ずっと雨。ウォークに出られないが、まだ左膝を養生したほうが良いという忠告だと受け止めよう。
          そんなわけもあって、
朝からPCに向かい先日来始めている「Album2018~2019」プリント制作を続行。この作業、自分で撮って自分が選んだ写真をあらためて微修正したりしながら見るという、自分の写真力や好みに向き合うような作業。快適とは言えないが、「何か」を見つけられるかもしれない。単純作業ではなく、ちゃんと考えながら作業しよっと。
Album作りという仕事、大げさに言えば「行きた証」を残す作業。


2021年1月22日金曜日

仕事の話がぽつりぽつり

 2月・3月、仕事の話がぽつりぽつり、嬉しい限り。

2021年1月21日木曜日

昼までに失敗1,2,3!、、、最後に逆転

 富士のカメラ用クリップオン・ストロボ、午前中に届きテスト。危惧が当たり、TTL調光できず、ストロボのインジケータに絞り値・ISO値も表示されない、、、失敗その1
 マニュアル発光で使うという手もあったが、マニュアルでの光量調節がかなりやり辛く、今持っているクリップオン・ストロボのほうが小さく、マニュアル発光もやりやすいので、速攻返品処理、、、までは上手く行った。
そんなこんなしているとランチの時間、
 今日のランチはもう10日ほど塩糀に漬け込んであるチキンを使うつもりが、モロモロ慌てて冷凍の豆腐ハンバーグでメニューを組み立ててしまった・・・失敗その2
 メニュー構成にパンを加えたら、最後の在庫パンでやはりちょっと慌てて次のパン焼きを用意し始めた。予備発酵をするために水を温めたが、多分温めすぎて、イースト菌死亡?の様子。やり直すが、今度はイーストの量を最近のレシピの半分にしてパン焼きスタート・・・失敗その3

最終的に、パンは発酵時間を約3倍にしたらよく膨らんだ!
ストロボは返品OKで、前にも買って不良品返品したfuji純正の一番小さいストロボを、来週ぐらいには知人カメラマンに借りてテストの予定。
モロモロ失敗続きでグスンな1日だったが、最後の方でアルバム作りの新しいアイデアを実験、、、割と上手く行った感じ。
具体的には、BreezeBrowserというアプリのコンタクトシート印刷を応用して、コレまで1ページに1枚のコンタクトシートでアルバムを作っていたんだが、同様の方法で直接印刷ではなく、ファイルとして出力し、それをPhotoshopから印刷という手法。メリットは、Photoshop上で紙面ページにキャプションを打ち込める点。元々BreezeBrowserのコンタクトシート印刷を利用したのは、そうすることで画像の下にEXIFデータから読み込んだ、撮影日時やカメラデータを自動で書き込める点だったが、ソコにキャプションをPhotoshopで書き足せるようになった。コレまでは、BreezeBrowserでファイルに書き出しをすると、色合いが変わってしまう問題があったが、プリンタプロファイルを不適用にすることで解決した。小さな進歩のように見えるが、僕にとっては大進歩だった。



左膝養生

 今日はちょっと怪しい左膝の具合で養生のため朝ウォーク取りやめ。午前中には昨日発注したストロボが届く予定、モロモロテストが必要。

2021年1月20日水曜日

Mcoplus MK-320(fuji用)というストロボ

 9月に一度ヤフオクで落札し、不良品返品したfujiの小型クリップオンストロボEF-X20、その後もヤフオクで探してはいたが、今日Amazonで一回り大きい中華クリップオンストロボ(一応fuji対応)をポチってみた。商品情報が少し古いので、最新のGFX100のTTL調光に対応しているかどうかは記されてなく、ソコは自己責任。メリットはfuji純正の似た製品(多分OEM製品)ではバウンズが天地のみだが左右にも動く、fuji純正では対応していないマニュアル発光が1/1~1/128まで対応しているのも優秀。まァお値段半額なのでジャブを入れた感じかな?うまく使えれば「御の字」、こういう製品は純正ではヒエラルキーを守るためか、微妙に制限がかけられていたりするのでサードパーティ製のほうが使い勝手が良かったりすることもある。
、、で何を撮る?とか腹案はあるがやってみないとわからない。
追記:プライベートスナップ用クリップオン・ストロボ(カメラの上に直付するストロボ)選びで、僕が重視しているのは、発光部がレンズと近いこと、そうなると自動的に小型のものになる。昔は嫌いだったけど、カメラに内蔵のストロボがホントはいい。最近のカメラ、特に僕が使うようなカメラではそういうタイプ激減。



2021年1月19日火曜日

ちょっと不調か?

 今日はなんとなく不調、朝ウォークから疲れている伏線もないのに、本郷~愛知淑徳大学3.5Kmぐらい?を歩けるんだろうか?と頭をよぎったり。ほんの2~3年前はその距離を往復歩いていたのに・・・・
ネガティブな気持ちになっているわけではなく、体力や前向きな気持が加齢によるのか?小さくなっていることを実感する。「老人力」という言葉もあるように、若い頃のようにすぐ夢中にならない慎重さも身につけてきたと思う、、、でもそれを生かす方法が見えない。具体的には多くのモノ・コトにワクワク感を抱かない中、どういう被写体をワクワクしながら写真に撮れば良いのか見当がつかない。

報道されない事実 【既にこれだけ出そろってる!医師たちの真実の言葉】 勇気のある現役医師たちに感謝!

 以下、引用です

【既にこれだけ出そろってる!医師たちの真実の言葉】
勇気のある現役医師たちに感謝!
・・・・・・・・・・・
「メディアが恐怖を異常に煽っている。一年以内のワクチン開発などありえない。新型コロナウイルスは人工的に作られたのではないかと思われるフシがいっぱいある」
ノーベル賞・大村智博士(月刊致知)
「コロナによる被害は、ウイルスによる病気や死亡よりも、特に子ども達の精神に対する害が最も大きい。子どものマスクの着用により、身体、行動、学習、情緒のすべてにわたって非常に多彩な障害(副作用)を認めました」
本間真二郎医師
「PCRは諸悪の根源。コロナは人災である。指定感染症から外すか5類へ。コロナは分子構造、免疫特性、臨床症状まで非常に詳しく分かり既知のウィルスになった。インフルエンザワクチンとコロナワクチンは決定的に違う。打つ必要無し。遺伝子改変と同じ医療行為で10年20年経たないとわからない。1回打ったら元に戻せないワクチン。生涯にわたり自己免疫疾患的な副作用を持つ可能性あり」
大阪市立大学名誉教授・井上正康氏
「マスクは新型コロナに対抗するための免疫力を低下させます。免疫力の源泉が呼吸にあるからです。マスクをすればするほど免疫力を低下させて自分を新型コロナに感染しやすくしている」
帯津良一医師(週刊朝日)
「非常事態宣言・外出自粛は2 度と繰り返すべきではない」
慈恵医大・大木隆生医師
「毎年1000万人以上がインフルエンザに罹患して、患者は冬季に集中しているのに「インフルエンザの流行で医療崩壊」は絶対に起こりません。新型コロナは1年かかって死者は2000人に到達しないただの風邪です。1ヶ月で3000人を殺すインフルエンザの比ではありません。ただの風邪を2類という「ものすごい感染症」扱いして軽症者も入院させ、その結果、「ベッドが足りなくなる」⇒「コロナ以外の重症患者を入院させられない/通常の手術ができない」⇒「医療崩壊だ」と騒ぐのはあまりに頭が悪すぎませんか?
これは「医療崩壊」ではなく「医療、阿呆かい?」ですよ」
新井圭輔医師
「世界一のベッド数で欧米の100分の1の患者数で崩壊させたら世界からどう思われるだろう?日本人にとってコロナの致死率はインフルエンザ以下であることが明らかだ。死亡するのもほぼ持病持ちの高齢者で、インフルなら少なからず重症化する子どもはほぼ重症化どころか発症すらしない。それでインフルその他多くのずっと怖い感染症を減らしてくれたのだ。こんなに優しいウイルスはない。この冬は恐らく、歴史上最も感染症的に安全な年の一つになる。それなのに、なぜ自粛する?経済を止める?インフルが大流行した一昨年まで、自粛したか?経済を止めたか?人にマスクしろと言ったか?」
石井仁平医師
「PCR陽性者=感染者ではありません。PCR検査をやり続けた場合、永久にゼロにはならず、この騒動はいつまでも収束しません。今回の騒動は考えれば考えるほど疑問だらけです」
藤原紹生医師
「マスクをして会話をする事で微生物の受け渡しができずに免疫を上げる事が妨げられ、余計に感染しやすい身体になってしまいます。子供たちにマスクをさせているのは馬鹿げている。
医療機関や学校などでPCR陽性者が出た時に全員に検査をして複数の陽性者が見つかるとクラスターだと騒いでいますが、無症状の陽性者を見つけても誹謗中傷の的を増やしているだけで、どうして風評被害を拡げようとするのか理解できません。経済を落ち込ませ、人々の心を荒ませ、相手を信じられなくするような社会を作り、コロナ死亡者以上に非感染者の自殺者を増加させて、どうして平気で居られるんでしょうか?もうそろそろこの茶番を終わらせてもらえないでしょうか?」
金城信雄医師
「食事中にマスクを付けたり外したりしろなんて言うのはナンセンス。感染の基本がわかっていない。無しです。
心筋梗塞で亡くなったのに、コロナ陽性であればコロナで亡くなった、としている現状にはものすごく不満を抱いている。医師が付けた病名、死因を覆すことはあってはいけないと思う」
後藤礼司医師
「PCRという当てにもならない検査で「陽性になった人」の数を、「感染者」とすり替えて虚偽報道していますが、これは犯罪です。PCR陽性者を感染者だと言って、しょっぴいて隔離処置にし、職場にまでガサ入れする。これは重大な人権侵害、営業妨害です。マスクも感染を防御する効果は全くありません。効果がないだけならともかく、マスク長期着用は有害で危険です。慢性的な低酸素血症を引き起こし、免疫力低下をもたらします。さらにマスクに付着した細菌や真菌、ウイルスで逆に不潔で感染のリスクが高まります。また、装着2時間後から記憶を司る海馬の細胞が死に始め、長期着用で認知症や子供の発達障害の危険が出てきます。人の表情が読み取れないことから小児には重大な精神発達障害、コミュニケーション障害も懸念されます。三密を避け、寄るな、触るな、こもってろ。これも嘘です。「新しい生活様式」とやらは、免疫を低下させ、さっさと死んでもらうための様式としか言えません。」
小林有希医師
「日々繰り返される報道の偏りと嘘。未だに陽性者数を報道する時に検査件数は報道しない。「陽性」と「感染」と「発症」は違うと医学部で教わったが、指摘する人は少ない。あまりに質の悪い報道が多い。本来ワクチンは治験を含めて開発に10年以上かかるのに、たった半年でできたと言っている。何年も前から準備していたか安全性が確認できていないものを垂れ流すか、どちらかしかないだろう。安全性が確立されていないものを患者さんに打つわけにはいかない。私自身も打たないと決めている」
正木稔子医師
「マスコミは、どこでクラスターが発生したと、連日施設名、学校名など出して報道していますが、それでどれほど傷つく人がいるのか、無責任なものです。クラスター!とレッテルを貼られて報道されてしまうのは非常に疑問です。決して犯罪者ではありません。さらに、国や専門家から「気が緩んでいる!」などと上から目線で言われるのは、あまりに不愉快です。そのような報道には惑わされず・振り回されずに、心身の安定を図るような日常を心がけましょう」
武田恒弘医師
「「陽性」イコール「感染」とは、絶対にならない」
船木威徳医師
「接種する意味のあるワ苦チンは一本もない。ワ苦チンには様々な有害物質が含まれている」
中村篤史医師
「健常者のマスク常用は無意味どころか、かえって感染拡大に加担したり、健康を害するリスクが明確」
整体師・西田聡先生
「ワクチンは難病奇病万病の原因です。打ってはいけません」
石川眞樹夫医師
「第3波到来と大騒ぎをしている背景にはPCR増幅回数のトリックがあります。無症状や軽い風邪の人にいきなりPCRを実施し、増幅を40回以上繰り返し「コロナ感染者」と診断しているのが現状。人類がかつて接種されたことのないDNA・RNAワクチンだけに、免疫系の暴走や遺伝子異常など何が起きるか分かりません。打つな!新コロナワクチン」
高橋徳医師
「ウィルスや細菌などが付着したままの同一マスクの常時着用は、感染のリスクを高めてしまうという極めて当たり前の考え方が、感染症専門家が何故できないのか不思議。マスク着用は、感染を逆に広げ重症化の要因になりうる。感染状況が一旦収束してから、第2波防止のためマスク着用を義務化した多くの国で感染者数が逆に増えています。」
竹林直紀医師
「風邪のワクチンは変異するから作れないとわかっている。詐欺にしか見えない。副反応以前の問題」
萬田緑平医師
「PCRはあまりに不確定な検査。これ以上継続したら世界中の皆様が地獄へ向かうことを警告させていただきます」
小峰一雄医師
「感染者が増えていると言う嘘を垂れ流し、自粛させ、経済悪化を招き、倒産者、解雇者、自殺者を増やすのか?犯罪でしかない」
杉田穂高医師
「「新型コロナを「指定感染症」から外すことである。
「ただの風邪」である若年層には明らかに過剰な措置だ。数日で回復する軽症の感染者であっても入院隔離となり、病床が埋まる。その結果、医療関係者の負担が過多になり、本当に医療措置が必要な高齢者や基礎疾患を持つ人のための医療体制が崩壊に向かいつつある」
立命館大学政策科学部・上久保誠人教授
「症状がない限り、マスクをしても意味がない。
マスクで息苦しくなると肺炎のリスクが高まります」
伊達伯欣医師
「再自粛・社会的距離・三蜜回避は不要。ウィルスとの共存を」
上久保靖彦教授
「「予防接種をしていると発症が軽く済む」という話ですが、予防接種の原理は抗原抗体反応です。医学生理学的に1対1対応です(鍵と鍵穴)。ということは防げる vs 防げない(ドアが開く vs 開かない)だけになります。発症した時点で予防接種は無効だった証とも言えるでしょう。故に、軽く済むということはない訳です。軽く済んだのは、貴方の免疫力のお陰様に他なりません」
田中佳医師
「PCR検査を行うこと自体に意味がない。このような検査で確定診断しているのはもはやファンタジーやオカルトの世界の話」
松本有史医師
「マスク・過剰殺菌・引き篭りは免疫力を下げ、病氣を増やす」
Dr. Dan Erickson
「酸素欠乏は永久的な神経障害を引き起こし、あらゆる臓器にダメージを与えます。子供や思春期の子供にとってマスクは絶対に禁物。酸素欠乏は脳の発達を阻害し、その結果として生じたダメージは元に戻すことができません」
マーガレット・グリーズブリッソン博士
「無症状感染など無いことが証明された」
ロバートケネディ氏
「コロナ茶番劇は、完全なる事実無根の大衆的ヒステリーであり、メディアと政治家による扇動。極悪非道。過去に類を見ない正直な一般市民への最大の詐欺行為。コロナは、エボラでもなくサーズでもなく特別な対策は何もいらない。マスクも社会的距離もまったく意味が無い。PCR陽性は感染を意味しない」
Dr.ロジャー・ホディキンソン氏(医学協会病理検査部門元会長・ウィルス学も含む病理学が専門)

2021年1月17日日曜日

「峠の茶店ランチ」風

今日のランチは「峠の茶店ランチ」風に、田舎寿司のすし飯でお稲荷さんと、干瓢巻、どちらもワサビ入り、だし巻き卵のお寿司と、山椒味噌の田楽、写真に写ってないけど、わかめの吸い物と、縮ほうれん草のおひたし、、、卵以外はビーガン?
昨日はまる1日酒蔵現場撮影で足元が冷えて少し疲れたかな?
反省も色々あり、特にフルマニュアルのMマウントフォクトレンダー21mmレンズで、絞りやピントリングが予期せず動いていたり、やっぱりAFのもう少し明るい20mmクラスのレンズがいるかな?とか考えたが、仕事のためだけじゃあ「モッタイナイ」し、昨日のようなバタバタ動きが速くかつ暗めな現場もそうはないだろうから、とりあえず機材追加や変更はしない方向で落ち着きそう。具体的に検討したのは、サムヤンの18mmF2.8AFや、タムロンの20mmF2.8AF、17~28mmF2.8AFズームなど。定番はsony純正の20mmF1.8や16~35mm大三元ズームなんだろうけど、どちらも大きく重くお値段高し。


 

2021年1月15日金曜日

Kindleで「サピエンス全史」、dマガジンもいいよ!

一昨日ぐらい?録画してあった番組(2019年放送)で見た「サピエンス全史」にすっかり夢中になり、早速Amazonで本を買ったが、「字が小さくて見えないっ!」ってわけで、Kindle版をお試しダウンロード、それをPCモニターにフォントほぼ最大で移したのが黒バックの背景、左下手前はリアル書籍。
Kindle版ならKindle端末を持っていなくても複数端末、たとえば2Fに置いてあるノートPC &ソコから40インチのTV も、スマホでも、スマホから50インチのTVに飛ばすことも可能。照明条件にも左右されず、文字も大きくできる、老眼でお悩みの同年代の方にはおすすめできる、、、同じ理由と経済的なメリットも含めdマガジンも使えるね!

↓もう1枚、スマホにも同じ書籍の同じ部分を出してみた図
 

2021年1月14日木曜日

今日のお昼ごはんは「おから de 田舎寿司」

今日のお昼ごはんは久しぶりに「おから de 田舎寿司」。このところ寒くて出番のなかった「おからde 田舎寿司」。家人がおからを買ってきたので作ってみた、量は軽め。お稲荷さん2個、コハダが一貫、だし巻き卵を焼いて一貫、コレでは足りないので蒲鉾と湯葉寄せ豆腐で汁物を足してみた、、、多分夕方には腹が減りそう。


 

2021年1月13日水曜日

Book作り「Album 2018~19」

写真撮る気が相当低下しているので「温故知新」か?
溜まっている写真を見直したり整理したり。
とりあえず先日選択・現像までしてあった2018年の写真展以降に撮影した約200枚をBook「Album 2018~19」に仕立ててみようとスタート。
この前Book作りをしたのが、2019年晩夏だったので製本などモロモロ作り方を忘れている。ついでにプリント用紙もインクも不足、Amazonに注文した。
こういう作業が勉強になるんだよね、モニターで見ている画像とプリントの違いをどこ(モニタープロファイル?プリンタープロファイル?)で調整するか?、自分の写真を評価したり・・・

2021年1月12日火曜日

1/12午前

 今日は午後まで小雨の予報、正月明けからほぼ毎日歩いたり・児童公園懸垂したりしてたので、休もうかなっ?
午後は、出来ればIKEAに行くのもよし。
写真撮る意欲減退はよろしくないけど、同時に物欲も減退中。
仕事写真は「お題」をいただけるのと、ギャラという人参もぶら下がっているので大歓迎、意欲もモリモリ。
 毎年のように行っていたVeneziaのカーニバル、2019年を最後にしようと思ったら、昨年はコロナでカーニバル途中で中止・封鎖。いつまた行けるともわからない状態が続いているが、基本は行かないスタンス。しかし、Veneziaのカーニバルを機材やバッグを整える基準にしていたので、寂しい。

2021年1月11日月曜日

PCデスク前、2℃!

朝、PCデスク前の床においた石油ファンヒーターをつけると、室温表示は2℃!。うちのスタジオ、吹き抜け構造で天井高5.2m、トップライトと床下収納部には小さな換気口が常時開いていて、密閉構造とは真逆、そして床は石材、床下は全面駐車場で、寒風が吹き抜けるという構造。寒いのは仕方ないともう30年諦めている。
 昨日今日となんだか元気、新しく何かをする意欲が湧いているわけではないが、身体を動かすと内側から暖かくなり、そんな事が嬉しくて、朝ウォーク・児童公園懸垂など楽しくやれるのが、正直不思議。

2021年1月8日金曜日

柚子・橙・かぼすを絞る

昨日は、この数年恒例、家なりの橙(だいだい)を頂いたので我が家1年で消費する橙酢、第一回目の絞りをした。
今年はいつも頂くお宅、ご高齢もあり期待は半分だったが、ソコソコの量を頂いた。事前に道の駅系で買っておいた柚子や橙を含めて、とりあえず1Lほどを絞った。頂いた橙はまだ7割方残っているし、一升瓶の橙酢も買ってあり、多分我が家1年分の総消費量は4L以上ぐらいになるが、あと一回絞れば大丈夫。この橙酢は我が家の「ポン酢」になる。
今日は仕事初め(遅っ)で、午後イチスタート・ヨーグルト納豆禁食の撮影なのでいつもの時間進行を崩して、安田悟飯はフルーツで軽く、11時頃にがっつりランチにする予定。
この瓶のラベルは、何年か前に買った橙酢のラベルを貼り替えたもの。

 

2021年1月6日水曜日

名古屋・久屋大通公園

この写真を見て、名古屋在住の人でも栄の新しい「久屋大通公園」だとは誰も気づかないと思う。そりゃそうだ、久屋大通公園のTV塔北側の男子トイレの明り取り窓なんだから。
今朝は、いつものウォークちょっとコースに飽きたので地下鉄に乗って、その新しくなった久屋大通公園を見てみようと向かった。その後、千種駅まで南北ジグザクに歩き、約6000歩で千種駅に到達、再び地下鉄に乗って本郷に戻るというコース。栄の変わりよう、良くも悪くも驚いたが、昔の思い出までなくなったようで、ちょっとついていけない。まァ知らない街を歩いているようだったり、所々の変わってない光景を見て、夢の中を歩いているようだったり。新鮮な風景に写欲も進むかと思ったが、ゼ~ンゼ~ん。
僕の歩いた時間帯、お店もCafeもほとんど開いてなかったが開いていたとしても、入らないだろうなという感じ。

 

2021年1月5日火曜日

1/5、火曜日、、、ヘヴィー・ローテーション

今日は予定なく暇ですることもなく、いつもならイライラするんだが、とても心が穏やか。
 気分がミニマル化に動いている、まァ断捨離も含め、「アレも出来る、コレも出来る」じゃなく「コレが出来ればいい」という感じ、単機能主義かな?、単機能だと物の数が増える傾向もあるけれど、ソコはシビアに査定する。
ミニマル → ヘヴィー・ローテーション、着るものを洗濯が上がったらすぐにまた着て、肌着・家着などほぼ2枚をヘヴィー・ローテーション。ヘタってきたら捨てる、すでに箪笥はイッパイだから・・・・

2021年1月2日土曜日

元旦の夜に見た夢/初夢?

12/31から今朝1/2までの3日間、朝ウォークで撮った写真をアップしてみた。
初夢は大晦日から元旦の朝に見る夢か?元旦の夜に見る夢か?よくは知らないが、元旦の夜から1月2日の朝方にかけて、「ストロボを直焚きせよ」とお告げのような夢を見たので、今朝は実行してみたが何でもかんでもというわけにも行かず、結局セレクトに残ってアップしたのは2枚かな?
元々撮りたいと思っている手法だが、光と影の綾なす妙も好きなのでソレはソレで撮った。今日アップした写真を見ても、僕のスタイルが類型化していて自分でも「これは撮りそう」と思ってしまうので、ちょっとマズイと感じている今日この頃。













↑↓この2枚がストロボ直焚きの写真、、、好きだけどね。