2021年6月11日金曜日

中間リングを間に入れて、21mm相当を狙った

Thingyfy11mmピンホールは気持ちの良いピンホールだけど、ちょっとワイドすぎるので中間リングを間に入れて、21mm相当を狙ったんだけど結果は微妙。
分解能は拡大された分ゆるくなったか?そしてピンホール径が同じで焦点距離が伸びたので絞り値は暗くなった計算。もう少し撮ってみないとなんとも言えないが、常用にしようという企みは微妙な感じ。


↑Thingyfy11mm、素のまま。
↓10mmのリングを追加、写る広さに注目



↑Thingyfy11mm、素のまま。
↓Thingyfy11mm+10mmリングで映る範囲をほぼ同じ感じにして撮影。


 

Thingyfy11mmピンホール、どうも画角がおかしい

Thingyfy11mmピンホール、どうも画角がおかしいと思い、手持ちのVoigtlander21mmと比較してみたら、やはり11mmというのは間違っているようだ。推測で18mm程度、まぁ逆に僕には「使いやすかった」わけだ。
Voigtlanderというレンズ、特別シャープという印象もなかったけど、こうしてピンホールと撮り比べるとめっちゃシャープに見える。そしてピンホールの味がどういうものなのかもわかりやすいかな?
イロイロ「アレレ?」と思うことがあり、Thingyfy11mmを入手する前に使っていた自作の広角ピンホールも同じ場所で撮影比較。シフトアオリが聞いているので画角比較は難しいが、Thingyfy11mmとほぼ同じ?、そして意外とクリア差は僕の自作のほうがイイ。
中間リングと言い、Thingyfy11mmといい、そう高いものでもないが「無駄遣い」が多いかも?



↑Thingyfy11mm
↓が自作広角ピンホールアオリ付きで撮影
↓画角を比較するために撮ったVoigtlander21mm



↓Thingyfy11mmに10mmリングを足して、予定では21mm相当のはず。


 

2021年6月10日木曜日

窓辺のブツ

ちょっとインスアパイアーされたFB投稿があり、窓辺のブツを50mmのThingyfyピンホール+GFX100で撮影してみた。



 

午後はミズノご夫妻の写真展

Thingyfy11mmピンホール練習続編、午後はミズノご夫妻の写真展を東山のマニアックな書店ギャラリーに観に行った。置いてある本はかなり楽しい。










 

Thingyfyの11mmSONY/Eマウントピンホール

Thingyfyの11mmSONY/Eマウントピンホールが届いたのは昨日だから、昨日の午前中以前の写真は自家製シフト20mm程度のピンホール撮影になる。
それ以後の日付の写真は、Thingyfy_11mmの演習。長いカメラマンキャリアだが魚眼以外で11mm超広角は初めて、しかもピンホールなのでちょっとアガってしまった。
一昨日はジンバルが届き、昨日はこの超広角ピンホール、さすがの物欲も「お腹いっぱい感」満載、やることもいっぱい。
そのピンホールと撮ったカメラはコレ↑