2021年7月24日土曜日

温故知新のニッコールレンズ

この古い(80年代)仕事やプライベートで使ったニコンマウントレンズ群、21年前に独立した第3代助手のT君が持ってきてくれたことも相まって見てるだけで涙が出そうになる。
レンズを撮った写真はすべて針穴写真。

↑この200mmマイクロレンズ、長めだが細くて軽くて取り回しがイイんだよね。意外と街歩きで持ち歩くのも楽で、気になったものがあればググッと寄れるところもイイ、接写と言っても被写体から距離を取れるところも良かった。83年に名古屋の四谷通りを偶然だが10年越しに撮った街歩きスナップでルーツストーンというファッションビルで写真展をした時に、83年撮影バージョンはほとんどこのレンズで撮った記憶だ。
以下のリンク先、ソウルで95年に撮った写真のうち、車中からの望遠スナップは全部このレンズで撮ったと思う。
http://www.nambu-web.com/portforio/seoul/index.htm
↑PC28mmF3.5、仕事には必ず持っていったレンズ、僕のシフトレンズフェチの大元だ。性能は微妙で「好き」というのとちょっと違ったが、よく働いたレンズである意味僕の標準レンズだった。キャリフォルニアもモルディブもこのレンズにPLフィルターを付けて真っ青な空を撮った記憶。
↑PC35mmF2.8,このレンズはPC28mmの後で買った記憶で、実はあまり使っていない。一番記憶にあるのは「ホッチポッチ」という雑誌で、名前を忘れたが当時とんがっていた男性ミュージシャンを愛知牧場でロケ撮りした記憶。
曇天下牧草地に入って、横構図・下方向にシフトして、遠景の余分なものを写さず、開放で撮ったので周辺が程よく落ち、人物は明るく撮れた。まるでスコットランドでロケしたみたいな写真だった。
ちょっと記憶とは違うが、下の写真右ページ・左列・上から二番目の写真だったかも?
今回の温故知新ニッコールレンズシリーズでは、GFXとの相性を一番期待しているレンズだ。

↑このレンズはキヨハラといって、球面収差を残してソフトな描写をする知る人ぞ知るレンズ。ベス単と言って、多分50年代のベスト版というカメラについていた単玉レンズでフードを外して撮った時の画質を再現したという話、今マイブームのトイレンズとノリはいっしょだ。僕的には当時「困った時のキヨハラ」と絵になりにくい時によく使った、やはり「ホッチポッチ」の表紙(下の写真)で読者モデルを鶴舞公園の噴水で撮った記憶がある。
まず僕が当時処分してなかったことが不思議、T君がまだ持っていたことも不思議。
ある種「色物」的な一時的流行だったような気がする。

 

満腹なのにまたご馳走、、、感

まだまだ針穴写真進行中なのに、昨日は旧型ニッコールレンズを4本届けてもらった。お腹が空いていないのに、また食べ物を注文したような気分。
良く言えば「閃き」、思いつきで生きてきた人生だったとつくづく痛感。
今日中にはアマゾン・プライムで届くニコンFマウント→EFマウントアダプターが届くので明日以降、早速「味見」会が始まる。GFXボディに手持ちで覗いた感触では、キヨハラのべすたんソフトフォーカスレンズが面白かったり、想定通りPC35mmがイイ感じだったり、ED200mmマクロが使えそうな感触だったり、「イカンイカン」誘惑多すぎ。どのレンズもちょっと見では、アオリも含めてGFXの44x33mmセンサーをカバーしている模様。PC28mmだけはちょっとした持ち方でケレラが見えたので危ないかもしれない。
 昨日の朝?の針穴風景をいろんな額縁に入れてみた。今日はなんとなく空白な一日、マウントアダプタが届いたらニッコールレンズを「味見」したいが、多分マウントが届くのは夜に近い夕方。明日の朝ウォークで「お味見」かな?
















































2021年7月23日金曜日

ニコンマウント旧型レンズ、曲者4本そろい踏み。

昨夜夜中に思い立ってメールし、今朝電話したらほぼその脚で持ってきてくれた旧ニッコールレンズ群。元々僕が使っていて、当社2代目助手君=T君が独立する時に譲ったまんま、今はカメラマン辞めているけど持っていたらしい。僕がテストしたい本命はPC_Nikkor35mmだが、他のレンズもGFXで使うにはなかなか興味深い「曲者」達。4連休が明けたら、焦点工房でGマウント用と、sonyEマウント用のアダプタを買ってきてお試しが楽しみ。

 

旧型ニッコールレンズ、& ジンバルの使用法

 夜中に、急に、思いついた事があって検索中。
旧型ニッコールレンズで、PC35mmとED200mmマイクロレンズ
どちらも、80年代90年代にイイ思い出があるレンズで
針穴写真を思えば、その古い性能も「愉しからんや」
特に、GFX100との組み合わせは面白いかも?
針穴写真を撮り始めてイロイロな学びがあった。
今どきのデジタルカメラで、プライベート使用ではISO25600なんて怖くない。
暗いレンズでもミラーレスカメラのファインダーは明るく見えるので問題無し。
解像感至上主義も理解するが、ローファイな味がむしろフィルム時代の感覚に近い。
なので、多分PCニッコール35mmはアリ、PC28mmは大きいので却下。
もう一つジンバル関連の広告を見ていて発見
この手があったかと気付かされた一枚↓ 肩掛けストラップを取り付ける金具がもうすぐ届く予定なので試してみたい。 ストラップなしでは試してみたが、悪くない、上下動がすくない、重量が片手だけにかからず腹部に分散。ストラップがあれば、さらに首にも分散できるはず。



2021年7月22日木曜日

「心音アーカイブ」と「ささやきの森」の映像

以下で「心音アーカイブ」と「ささやきの森」の映像が「聞けます」、ほか直島・豊島の写真もたっぷり見られます。
話は変わるが、コロナワクチン2回目接種後の浮遊感・倦怠感がゆるくはなってきているが、治まらない。暑さ・踵痛も含めて歩く気をそがれている。


2021年7月20日火曜日

おから鮨

もう4日ほど前だが、
冷凍の〆コハダを見つけたので久しぶりに「おから鮨」
夏は熱くない食事が嬉しいね。
山椒の葉を挟んだコハダ以外は、ワサビをきかしたお稲荷さんと干瓢巻。


 

車窓から、針穴写真「雲景」+大阪出張針穴スナップ


一昨日前泊で大阪入り、昨日は終日撮影でくたくたヘロヘロ、踵痛し。
写真は大阪に向かう近鉄「火鳥」車窓から針穴写真。この車窓からイージーなローファイ写真というのは、2006年頃にロンドンに行ったとき、コダックのV750だったか、とてもコンパクトなコンデジで撮りまくったことを思い出させた。しかし出張の合間にたくさん撮れると思った針穴スナップは、お疲れでほとんど撮れず、、、肩透かし期待はずれ。
翌朝=今朝は7時過ぎまで寝過ごし、体温も平熱+0.5℃ぐらいの36.9℃。
今は昼だけど、とても運動やウォークに出る気分・体調ではない。コロナワクチン2回目接種翌日の大阪出張だったからかもね。
上の写真は車中の暇な時間に接続テストを兼ねてカメラからスマホに画像転送、スマホからアップロードしたものだが、以下の画像は帰宅後先程PCで選択・現像・アプロードした今回の大阪出張針穴スナップ。