2020年8月10日月曜日

炎症に飲酒は良くないかもね

 今朝は4時過ぎに目が醒めてしまい、そのまま朝に突入。踵の違和感が少ないと言うか、ほぼ感じないので、6時前に近所の児童公園で懸垂を少し。
3日ほど前の休肝日以来、寝酒を減らしたのが効いているような気もする。
今夜は早起きをしたので、早めに眠気が来そうだからそうしたら寝酒をやめてみようかな?

2020年8月8日土曜日

家撮り

暑くて外に出る気がせず「家撮り」シリーズ、ネット上の友人カメラマンとクローズアップの方法について意見交換をしたので、クローズアップレンズという安直な方法で撮ってみた。
ヴェネツィア土産のマスク、9回は行っているので20枚くらいはある。
土産と言うより、小道具として白い素材としても面が多いがコレは綺麗に仕上げてあるもの、ボカシた背景とのコンビネーションを楽しんでみた。
去年の写真展の額装写真が無造作に床に置かれている、額は鉄板で作ってもらった特製。
写っている風景はヴェネツィア。

昔撮影小物として作ってもらった割れた卵の殻風のオブジェ、大きさは直径で30cmほど。背景のスクリーン越しの窓と、スクリーンを照らす電灯光の組み合わせが面白くてパチリ。
30年ぐらい前に他界した父が、生まれたばかりの僕を撮るために買ったと聞いているカメラ。今の仕事を選ぶ「遠いキッカケ」になったカメラだ。

玄関を向いている招き猫、多分人寄せ招きだと思う。目にはビーズ玉、薄い金属のレース風飾りをまとわせた変わり者。

左はマラカスのような、多分アフリカの民芸楽器。右の大きいのは昔作ってもらったあかり・・・中に電球が入る。

「鳴り物」が好きでなんとなく集まった、左右は南アフリカの捨てられたマットレスのスプリングを使った貧しい人々の楽器の大小。センター奥は革が張られた小さな太鼓。

さっきの招き猫の足元になるが、サンタマリアノベッラの何か乳液の箱と、硝子表面に石模様をつけ、底面と一部を斜めに切り取った ペーパーウェイト?オブジェ?、コレ下から光を入れると面白いので撮影小道具として30年以上前に買った記憶。

いつか通った道、

 夜中に目が醒めてふと何気に、少し前に入手した小型軽量・かなり優秀なEF40mmをどう使うか考えていたら、EFマウントのレンズをこんなに持っているのなら、ネイティブEFマウントのカメラ=具体的にはEOS6DMk2とか、値段も下がっているだろうから1台持っていてもいいんじゃね、という悪魔のささやき。
速攻、画質比較・価格ドットコムのお値段・ヤフオク出品物などチェックするが、撮影をあまりしていない現状を考えると、「撮影機会の遺失を招くだけ」「いつか通った道」など、ほぼ意味なしと納得、せっかくm4/3システムを一掃(家人の旅行用G6は維持)したばかりなのに何言ってるの?!って感じ。
ガンガン撮影仕事やってる時なら出番もあるんだろうけどね・・・
まっ、GFX100でせいぜい写真撮ることだね。

週刊現代2020年8月8・15日号や東洋経済オンライン大崎明子さんの連載

FBタイムラインに書いた以下の投稿を見て、Tくんのコメントに返信した後、なにげに見ていたdマガジン「週刊現代」で、上手くまとめられていたのでご紹介。
 東洋経済オンラインで大崎 明子さんが連載しているシリーズ以下リンク先で説明されていると思います
https://toyokeizai.net/.../%E5%A4%A7%E5%B4%8E_%E6%98%8E...
僕はだいぶん読んでるんですが、僕の理解ですと昨年秋から冬にかけて、大陸由来の風邪が日本で流行りその時できた免疫が、新型コロナにも聞いているという話、そして新型これらに対する抗体云々という話に関しては、抗体ができる前の免疫段階でTキラー細胞が防御し、免疫記憶として残っているという説明。もう一つ、このサイトでは書かれてなかったと思うのですが、そして明確なエビデンスはないのですが、帰納的に考えて・つまり疫学的に俯瞰すると、BCG接種それも日本株による免疫というのも、説得力のある説明(実績)だと思います。BCG接種に関する考察は、東北大学の大隅教授の記事:以下などがなるほどと思わせます。
https://diamond.jp/articles/-/234432

2020年8月7日金曜日

SIGMAのミラーレス用新DGDN85mmF1.4


若干悔しいけど 昨日発表されたSIGMAのミラーレス専用85mm/F1.4 なかなか魅力的ですね、レンズ構成図↓レンズがつまってて美しい。

詳しい説明ページでは ご丁寧に(多分)僕が使ってるsonyの85/1.8とのボケ比較まで載せてくれてありました、、、以下のページ下の方 https://www.sigma-global.com/jp/lenses/cas/product/art/a020_85_14/impression/ 僕の場合、軽さと使用頻度、85mmの使いみちから買い換えることはないと思いますが、コレまでの方針を一新して、SIGMA小型化になかなか攻めてる印象。 もう一つ、来月発表という噂のsonyA5?6?=小型低価格エントリー機も僕はSIGMA-fp風を予想してて興味津々ですが、こちらも買うことはない予定。

2020年8月6日木曜日

2年ぶりに休肝日

昨夜は、2~3年前夏の大腸ポリープ内視鏡切除術で1泊入院以来の「休肝日」。一昨日の深酒がキッカケだが、足裏腱膜炎という炎症回復に飲酒が悪影響を及ぼしている可能性を自分の感覚で見てみたいという実験的好奇心もある。

2020年8月5日水曜日

買い物周遊コース

最近お気に入りで合理的な買い物周遊コース。
まずはカネスエで定番は納豆・豆腐・アボカド・ギリシャヨーグルトだけど新鮮野菜がどこよりもお値打ちなので、レタスやキャベツもよく買う。
そこから東名高速の脇道を使い愛知学院方面へ左折、そのままAEONを左に見て直進、突き当りを右折して芸大前インター交差点を左折・直進すると左側に「アグリン村」
「アグリン村」では、売りのはずの野菜はあまり買わず、ゆば豆腐とかガンモ類とかの大豆製品が狙い。アグリン村を出て左折を2回して直進すると「長久手農協」
「長久手農協」での定番は鶏肉、米麹(今日は欠品)、正金の濃口醤油、時々アロエベラ、この季節だとツルムラサキやピーマン・ナスなど、ホントならこの季節、田原産のパッションフルーツが売られているはずだが今シーズンはまだ見かけない。冬場は豚軟骨や「秘伝豆」という山形の大豆。
そしてスタジオに向かうと地図のような周回コースになる。少し寄り道を加えるとIKEAにも寄れるし、締めで成城石井に寄ってもほぼ周回コース。IKEAでは意外にも我が家のお買い物は食材(写真下)、代表的なのは雑穀クラッカー、バター風味の菜種油、ホットドック用のマスタードも買う。


自転車

昨日、ほとんど1年ぶりに自転車に空気を入れ、雑巾がけをし、ヘルメットを洗った。この暑さの中ではまた自転車に乗れるかどうかは微妙だけど・・・

酩酊・泥酔・反省

酩酊・泥酔・反省・・・・・・・・・・・・・・・・・
写真左が25周年記念の「レ・ミゼ」コンサート、右が昨日届いた2019年開催35周年の「レ・ミゼ」コンサート。もう一枚10周年記念コンサートも、トムフーバー監督の映画「レ・ミゼ」も持っている、このコンサートBlu-rayを観ながら、拍手しながら飲みすぎた・・・この「レ・ミゼ」酒が進むんだよなぁ~、前に仕事の前の晩に「レ・ミゼ」10周年記念コンサートを見て飲みすぎて遅刻したこともあったなぁー。
今回の35周年「レ・ミゼ」後半の記憶ははっきりしないが、なんか「スゥーっと」進んで行って、今ひとつ盛り上がりに欠けていた印象・・・演者上手いんだが。
ワイドラックスへのFB渡邊くんの返信のおかげでいろんなことを思い出しました、パノンのワイドラックスでもレンズが回るのに何分の1秒かかかるので、ストロボなんて使えなかったし、予備回転するのブレックスではシャッターチャンスなんてあったもんじゃなく、スナップというのは無理ね。そういう意味では現代のデジカメ+魚眼レンズ+パノラマデジタル補正の組み合わせはストロボも使え、基本的にはローリング歪も出ず、その上レンズ交換もできるので、中版並のGFX100で魚眼パノラマも撮れれば、望遠撮影もできるのは凄い!
様々思い出したついでに、フィルム時代って35mmでは巻き戻しって作業が必須だったのも思い出した。発送の逆転で、一部のコンパクトカメラやEOS-Kissはフィルム装填をして裏蓋を閉じると、まずはじめにフィルム全部を巻き上げて、1コマ撮影するごとにパトローネの中にフィルムを巻き戻すという仕組みだった、あれ賢いよね。ミスで裏蓋開けても撮影済みの画像は無事だもんね。
懐かしいこといっぱい思い出した、二日酔いの昼寝でした。
追記:フィルム時代のパノラマカメラ、35mmタイプのワイドラックスF8?とかロシアのホライズンとかだと、ピントは無限遠固定で近距離は被写界深度で誤魔化すという仕組みだったんだけど、F2.8開放で主要な被写体が1~2m付近にある場合だと、流石に厳しい。なので、それぞれのカメラに付属していた特殊なフィルターアタッチメントを改造して、懇意にしてた眼鏡屋さんに凸レンズ(クローズアップレンズ)を入れてもらって使っていた。凸レンズの焦点距離2mのものを入れると、2mでピントが合うという理屈。よく使ったのは、ボトムラインというライブハウスで、1.5mほどの一脚=今で言う自撮り棒のようなものにカメラを付けてステージ下から上に出して、エアーレリーズでシャッターを切るというやり方。我ながら画期的だったと思う。

2020年8月4日火曜日

パノン・ワイドラックス1500やらカンボワイドやら

このところカメラを持ってウォーキングする機会がほとんど無く、ふとGFX100という大きく重いカメラをデイリースナップに使っていることを「なぜ?」と思い起こしたら、1994年から2000年にかけて、お気に入りで使っていたこのパノラマカメラ=パノンワイドラックス1500。ソコソコでかいけど、GFX100もかんな感じかもしれないと妙に納得。この頃はほかにも、手持ちで4x5サイズが撮れるカンボワイドというカメラに58mmだったかな?超広角レンズを付けてスナップもしていた、あまり長くは使わなかった記憶だけど・・・
写真のワイドラックス1500では、数多くの「傑作」を撮らせていただいた。銀塩時代の僕の「傑作」、3割程度はこのカメラで撮ったパノラマ写真だったと思う、このカメラを手持ちでパリの街やら、スペインの田舎を走り回ったのが2000年の5月、8月にもう一度パリを訪れたんだけど、その時はコンタックスのG2という小型のAFカメラ(フィルム)だった、そしてその時の写真では「傑作」が少なかった記憶。コンタックスG2というカメラ、何となく今仕事で使っているsonyのA7シリーズとサイズ感が似ている。

昨日、今朝起きがけの夢など

8/3 低空飛行、停滞な感じが続いている、、、理由は不明、脚にまつわるウォーク不足もある。
思い悩んでいてもしょうがない、何も解決しないんだけどね、今は「待ち」か?

8/4 今朝の起きがけの夢、パリオペラ座じゃないけどそういう劇場で仕事の夢。発注主はN氏、劇場は地下にあって、地上には劇場の地上部分が中庭になりながら周りを取り囲むようにルネッサンス~バロック風の建築群が取り囲んでいる。どうやら改修が終わったお披露目公演で、ピッカピッカじゃなけど、塗装などが新しい。N氏はその劇場のことを国立ではなく「帝立」と呼んでいた記憶。お披露目公演の芸術監督だか、お祝いだかで著名な老作家がいらっしゃるとの話で、ちょうどその人の誕生日ということもあって、僕はリュックからなにか本を差し上げるが、当然のように日本語ができないとお答、出演者の多くは子供。
もう一本別の夢が、スタジオで大きめの三脚を立てている僕、お客さんで印刷会社のディレクターさん(Sさんのような)人が三脚の脚を伸ばすのを手伝おうとしてくれる。セットを組み直す場面、今あるローリングタワーの小型のような機材棚の位置を動かしている(昨日やった現実の作業が投影されている)動かし終わると、スタジオ入り口からの動線が変わっており、またSさんのような人が三脚の脚を伸ばすのを手伝おうとしてくれた。
スタジオでの三脚撮影の前には、公園で動き回る子供たちを長いレンズを持って追いかけ回す僕、今になって振り返るとピントがなかなか合わず困っていた記憶、夕方のような時間帯、

今のAQUOSタブレットは、7年前だった

7年前にスタジをリフォームし、日進から引っ越したのはしっかり記憶にあるが、このタブレットも7年前だったらしい、今も食卓で朝のニュースを見るテレビとして活躍しているが、バッテリの持ちが相当悪くなってきて「壊れたらどうしよう?」と心配していた。というのは今市場にある7~10インチクラスのタブレット、地上波フルセグTVが見られるものがほぼないんだよね。しかしNHKプラスというネット配信のサービスを2~3週間前に見つけて、どうせNHKのニュースしか見ないのでちょっと安心。
ブラインドが降りてる窓辺のテーブル、引っ越し当初はここで食事していたんだけど、今はすっかりキッチン内の小ぶりなカウンターになっている。料理を運ぶのが面倒だったり、夏冬の空調問題だったりを考えるとキッチン内カウンターが丁度いい。

7年前のテキストの続きは以下**************
かつ二台持ちをお値打ちにするdocomoのプランも
二台持ちという選択の背中を押してくれた。
というわけで、8月2日発売のAQUOS_SH-08Eという
地デジもフルセグで見られる7インチタブレットを手に入れたのが
発売日8月2日=一昨日のこと。
iPadまたはiPadMiniも選択肢になくはなかったが
僕のキャリアがdocomo、NMPだっけ?あれで変えるのもなくはないが
違約金やらモロモロ面倒だったのと、
昔ほどではないがアップル嫌いの僕には
非アップルでGoogleフレンドリーなAndroidに興味があったのも事実。
半年ぐらい前から「この日」のために、Gmailにメール転送する設定で
準備はしてあった。
タブレットでやりたいことは、
旅行、特に海外旅行先での地図閲覧・現在地確認やナビ
そして出先では、原則ノートPCでネット接続するんだけど
そのためのテザリング機能を確保することぐらいかな?
とりあえず、docomoWi-Fiも契約し、駅とかセブン-イレブンとか
docomoWi-Fiが使える場所では
ダイレクトにノートPCをdocomoWi-Fi経由でネット接続できるようにした。
その接続テストも、ノートPCからの接続は多少もたついたが成功。
LTE接続状態でテザリングしてノートPCをネットに繋ぐテストも完了。
ついでにさっき、パリから一時帰国中の友達がネット接続するのを
手伝いがてら、スタバWi-Fiの接続も成功。
アンドロイドアプリをイロイロ探していたら
なんとデジカメのRAWデータを現像できるアプリを発見、もちろんインストール。
http://android.allappli.net/d_com.anthonymandra.rawdroid.ht…
SIGMAのX3Fファイルも読めるとのことで期待して使ってみると、
マイクロSDカードのDCIMフォルダーの中身が空だと表示され???状態。
アダプタをかませれば、ノートPCにもデジカメにも使える汎用性をかって
タブレットの外部ストレージとカメラ用に64GBを2枚、
それとは別にノートPCの外部ストレージとして32GBを1枚、
先走ってマイクロSDカードを買ってしまったが、
タブレットでは電源を切ってからマイクロSDカードを脱着するように
とのことで、結局使い勝手はイマイチ。
脱着そのものも、マイクロSDが小さすぎてやりにくいという事情もあって
マイクロUSBとUSBを繋ぐアダプタケーブルも注文して「なんだかなぁ」な感じ。
他にも、タブレットを片手持ちしやすくする「スマーピー」↓なるものも買って
タブレット裏に貼り付けてみたが、どうなんだろう?
ま、朝食をとる食卓で朝のニュース番組を音だけじゃなく
画像も見られるようになった↓↓ことはちょっとだけ進歩。

2020年8月3日月曜日

sonyAミーティング

昨日の日曜日は、キャノンのEOS-R5&6発売をキッカケにして、そのEOS-R5&6ではなく、現在EOSといっしょにEFレンズ中心に使っているsonyA7R2からA7m3+A7Rm4に乗り換えた→つまり、sonyA7シリーズでシステムを組むという決断をしその2台を入手した豊橋のO君という友人カメラマンとαミーティング。朝イチでお越しいただいてまず1時間、懸案だった高所作業を手伝ってもらった。スタジオ後方天井から吊るしてあるライトセット(写真)を位置変更、一番高所にある窓を夏仕様で開ける作業。その作業を梯子を使わずできるように揃えたローリングタワー、初めての実用だがローリングタワーの上に脚立を立てるので、流石に男手の手伝いと安全監視役が欲しかった。その後コロナ禍の日曜日にサラダバーのある「あさくま」でランチ、夕方までアプリの使い方Tipsなど情報交換で楽しい時間を過ごせた。
しかしながら、運動不足の感覚は根強く、どのタイミングで再開するか?梅雨明けの暑さもあって悩みどころだ。

2020年8月1日土曜日

夏はジェノバペースト

梅雨が明けると強い陽射しでバジルがよく育つと思う、今朝はそんな気がして朝から水やりをした。
今年もすでに4~5回ジェノバペーストを作ったけど、これからはコンスタントに2週間に一回は作ることになりそうだ。追いかけられるように、ジェノベーゼを使うレシピの食事を食べることになる。最近お気に入りは椎茸とナスのジェノベーゼパスタ。
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=502274179847174&set=pcb.502275053180420&type=3&theater

梅雨明けの空、外に出るのも億劫

GoProをショルダーに付けられるリュックの記事に誘われてGoPro本体の記事を見た。面白いと思うけど、「何に使う?何を撮る?」が大きいと思う。
他にもsonyの新しい小さなフルサイズカメラと言われてる物の噂があって、ちょっと前ならデイリースナップに興味津々な構成だが、「何を撮るの?いつ撮るの?」という自問の前には不要という答えしかない。写真を撮る機会が残り少なくなってきているのは深く自覚し始めている。
今朝はまさに梅雨明けの空、朝っぱらから暑い。
今日は気が抜けてる感じ。

2020年7月31日金曜日

6年前、直島に行ったけど多分それは1回目だったと思う

6年前か!?、しかしこの時は1回目で、あまりの素敵さにその年の冬、ベネッセのホテルを予約してじっくり楽しんできた。昨夜、NHKで録画の平清盛の「歴史の選択?」を見ていて、また瀬戸内海のどこかに、「Go to」使って行きたいと酔っ払って叫んでいたらしい(家人談)
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=686922388049018&set=pcb.686922771382313&type=3&theater

8K85インチのテレビ