2018年8月1日水曜日

一泊二日、八事日赤入院体験

7/30、1泊2日の入院生活@八事日赤、今朝から丸1日何も食べられないから?いきなり点滴だけど糖質制限の身にブドウ糖点滴はなんと申しましょうか?!
7/31,一泊二日、正味24時間滞在の内視鏡ポリープ切除手術入院から無事退院。初入院だったので、諸々新鮮に感じる事多々あり。仕事でおなじみの八事日赤だったことも、表から見る八事日赤、内側から見るそれのギャップもあった。八事日赤は、父を看取ってもらったり、10年ほど前明け方に指を包丁で切り血が止まらなくなった時救急外来に飛び込んで診てもらったり、仕事以外にもご縁のある病院だが、なるほど看護が丁寧な病院だった。たった24時間の入院だったが、その半分程度ベッドで安静にしていたせいで、帰り地下鉄ひと駅分歩いてみたら、歩行が遅くなっていることに驚いたり、この20年間以上、寝酒を欠かしたことがなかったのに、夜9時テレビを2時間ほど観終わると自然に眠りに落ちたことも驚いた。
4人部屋の病室、いろいろ配慮がされているとはいえ、他の患者の生活音がかなり気になることもわかったし、逆に病室は生活する場じゃなく、イメージで言えば野戦病院のベッドが並んでいるテントのようなものだと思えば当たり前の音・空気感なんだと妙に悟ったりした。
それなりに学びの多い、24時間入院体験だった。

2018年7月25日水曜日

今日は外れか?意外と大正解な日か??

今日は薄日ながら湿度高く暑くて、冷房のきいたジムにさえ行く気起きず。
なにげにずっとに近いぐらいPCに向かっていた。
一ついいことがあったのは、
sonyA7シリーズやオリンパスで撮ったRAWデータ(ベイヤー)を
Foveonライクな色調に仕上げるパラメータを発見というか作った。
Foveonの持つピクセル等倍での繊細感はもちろん再現できないが
Merrill世代のFoveon画質の地味な発色に近く再現、
コダクローム風のフィルムシミュレートモードにして、彩度を下げ
トーンカーブを少しいじったぐらいなんだけど・・・

ニコンフルサイズ・ミラーレス開発発表=予想通り

予想通り、ニコン創業記念日に開発発表か!
詳細は8/23?、、、でも本格プロ機でスナップシューターを目指してない感じなので、僕にはあまり縁がない話、そもそもニコンはレンズ的にも僕のターゲット外だね。



NIKON.CO.JP

Nikon | ニュース | 報道資料:新次元の光学性能を追求した、新マウント採用のフルサイズミラーレスカメラとNIKKORレンズを開発https://www.nikon.co.jp/news/2018/0725_mirrorless_01.htm

株式会社ニコン(社長:牛田…

2018年7月24日火曜日

間、魔、結界など

「間が空く」「間をとる」の間、
「魔がさす」の魔、
アンチクライマックス、
ハレよりケ、辺りが僕の撮りたいものだと思う。
今日は歩いていて「結界」という言葉に引っかかって何枚か写真を撮った。







パリから持ってきてもらった生クリーム

毎年この時期にパリから一時帰国する友達。いつも何か土産を持ってきてくれ、これまではエシレなどのバターをリクエストしてたんだけど、最近はバター自作してるのとバターの我が家冷凍在庫積み上がり過ぎなので、今大ハマリ中のサワークリーム用に、ダメ元で本場フランスの生クリームをリクエストしたら、スーツケースに詰め混んで、脂肪分30%の200ccパックを6個(写真)持ってきてくれた!、、、で昨夜から一晩発酵させ、只今冷蔵庫で熟成中。

2018年7月23日月曜日

僕が待っているモノ

SIGMAの新しいdpシリーズカメラ、またはsdシリーズカメラ、最近の考察ではdp優位。
SIGMAを含め、sonyFEマウントの小型軽量パンケーキレンズ。
これらが出ないうちは、物欲封印しようと思ってる。

2018年7月15日日曜日

伊根の舟屋、少し天橋立

世間様の三連休の前、2泊3日で本来の目的地は「京丹後王国」だったが、もう一箇所ということで天橋立、泊まれるといいいなっと飛び込みで訪ねたら伊根の舟屋の民宿に泊まることができた。家人がかねてから行きたかったエリア、カンブリア宮殿?で「京丹後王国」を観たので取り敢えずソコ、高校の同級生から「いいぞ」と聞いていた伊根の舟屋はVeneziaに似ているという噂にも背中を押され(全然似てなかったけど)、新しいカメラバッグの実戦運用テストも兼ね、小旅行。撮影結果を見るに、やっぱりSIGMAは「特殊カメラ」だと痛感、ピントが合ってるかどうかファインダーで視認(拡大表示すればOKだが)できず、1/30程度の低速シャッターで腕を伸ばして撮影するとブレ写真量産。カモメが船の周りに飛び交うシーンでSIGMAを使ったのは大失敗だった。カメラの運用としては魚眼パノラマ遠景の場合、ピントはマニュアルフォーカスで無限遠固定、シャッタースピード1/250秒ぐらいかもっと速め、絞りF8ぐらいのマニュアル露出で、ISOオートに設定し、露出補正をかければISOが変化して狙った明るさで撮れ、かつAFが迷うこともないと納得、ただしこれはsonyA7の場合で、SIGMAsdQuattroではマニュアル露出設定ではISOオートが働かないのでピンと無限遠固定が精一杯の抵抗だった。