2019年2月17日日曜日

いよいよ気分は旅行モード

旅行前最後の撮影が終わって、いよいよ気分は旅行モードへ!
左膝痛は心配だけど・・・

2019年2月16日土曜日

濃い味ベーコン、完成ぇ~

まずは燻煙スタート
そして、完成ぇ~!
お昼ご飯はできたてベーコンと出来たてパンで、トマト抜き・アボカド入りBLTサンドイッチ。
今回のベーコン、塩抜きを少なめにしたら、味濃いめなので名付けて「濃い味ベーコン」、ひと塊だけ試験的に作った醤油漬け豚バラ肉の燻製は、美味しい焼豚のような出来上がり!
コレはコレでありだと思うので、次回にはもう少したくさん醤油漬け燻製を作ってみよっと。ちなみに家人リクエストでオマケ的に作った燻製卵も、醤油漬けなり。





土曜日の朝、ベーコン燻製つくり




土曜日朝、多分今シーズン最後?の燻製スタート。下段にベーコン5切れ分、上段にベーコン2切れ、醤油漬け豚バラ肉、味卵を9個、コレが今回の全て。同時進行でパン焼きもスタジオでHBがやっている。






2019年2月15日金曜日

フォトショはメモリー(RAM)食い虫と言うけれど

実験で、1枚60MB程度の画像を260枚フォトショで開こうと思ったけど
途中で「画像が多すぎます」というalertでストップ、100枚は開いていると思うが・・・
それでも下の画像にある程度しかメモリーを使っていない、むしろ最後に仮想メモリーが一杯で「足りません」というアラートが出たので、実装RAM容量もさることながら、仮想メモリーに高速で大容量を割り当てるのが有効かな?っと想像。
そんな実験結果を踏まえて、新PCは実装RAMメモリーを64GB搭載予定から32GBに減量、浮いた予算をM.2接続NVMeSSDの容量を1TBで2本のアップグレードに回すことにした。特にCドライブには、仮想メモリー・キャッシュなどでガッツリ使って見ようと画策中。
今度の新PC導入計画、CPU(Core_i7_9800X)入荷が遅れたおかげで、イロイロ仕様変更の時間的余裕ができ、そうこうしているうちにSamsungのNVMeSSDが新型に変わり性能アップしたり、なかなか楽しみな展開をしている。


宛名職人2011,不調、、、ほかも。

請求書を書いて送ろうと住所アプリ(宛名職人2011)を起動させたら、「名前とシリアルナンバーが登録されてない」と起動できず、ネットで調べて送り先はクリアできたが、個人住所もたくさんそのアプリで管理しているので困った。悪戦苦闘の後、先程2回は起動できたが、またできず。システムの回復を試みようとしたら、何故か回復ポイントが設定してなくこちらもダメ、毎週バックアップを取ってるOSバックアップも、アプリ起動DVDから起動したが、なぜか?バックアップファイルを見つけられず。PC引越しの準備を少しずつやっていた「何か」が影響したか?
今日はそういう意味ではスカな日。

2019年2月11日月曜日

朝ごはん、PC受け入れ準備

今朝の朝ごはん、昨日作った直径26cmのハンバーグのようなもの(うちではケーキバーグと呼んでいる)を1ピース(1/8)に、やはり昨日作ったトマトソースを少しだけトッピング(昼はトマトソースパスタを予定)。チコリとピクルスとリコッタチーズ、ベジブロスベースのスープ。
新PCはパーツ入荷を待って3月完成見込みだが、まずは外付けHDDをeSATAからUSB3.0のケースに変更、今朝はPC裏・接続機器の電源配線を植木鉢に「ぶっ込み」から木の板を組み合わせた目隠し兼コンセントボックス風を作り「ちょっとだけ」整理、受け入れ準備は着々と進めて入る。

2019年2月10日日曜日

フォー・シーズンズではなく高山フォーシーズン・・・漬物ステーキという郷土料理

先週の高山出張で食べた面白い郷土料理「漬物ステーキ」↓
白菜の漬物を炒めて卵でとじたようなモノ、簡単で美味しかった、近々うちでも作ってみよっと。
ソーセージが乗ってる皿↓はホテルの朝ごはん、「フォーシーズン」とは出張にしては豪華ホテルと思ったら「フォー・シーズンズ」ではなく「フォーシーズン」というシティホテルだった、朝ごはんはどちらかと言うと白ご飯に合うオカズのバイキング、僕はご飯無しでも美味しく頂いた。



新PC問題から、なぜか?本末転倒?動画編集アプリ

先週ふと思い立って、フォトショップを始めメモリーを食いそうなアプリや、CPUパワーを使いそうなアプリを動かしながら、タスクマネージャーでメモリーの使用状況やCPUの働き具合を観察してみると、メモリー食いと言われているフォトショップで、320MBほどの画像を20枚ほど開いても、メモリーは10GB 食うか食わないかのレベル。むしろ最近、作業が遅いと思っていたHDRアプリやRAW現像アプリで、CPUパワーを目一杯使っていることが判明。
新PCには、予算との兼ね合いで僕的には潤沢な64GBのDDR4-3000をクワッドチャンネルで搭載予定なんだけど、むしろ32GBに減量して浮いた予算をCPUのグレードアップに回したほうが良くない?と思った。速攻、PCを発注中のショップ、ご担当の副店長にお電話でその旨お話すると、メモリーを半分にしても価格は半分にならず、その浮いた費用でアップグレードできるCPUでは、現在予定中のCPUより速くなるとは限らず、むしろシングルスレッド処理では遅くなる可能性さえあるとのお答え。なるほど、このPC構成を勧めてくれたU氏はなかなか鋭い選定をしてくださっていた。動画編集をするなら、マルチコア・マルチスレッドも効いてくるが僕の使うアプリだとシングルスレッドでのクロック数が効いてくる可能性も高く、予算前後の価格帯では一番クロックが稼げそうなCPUを選んでくれていたわけだ。
64GBのメモリーが無駄に積み過ぎだとしても、32GBでは後々禍根を残す可能性も否定できず、当面は64GBメモリーのうち32GB程度をRAMディスクとして、キャッシュなどに使えば、フォトショップも速く動くだろうし、メモリー不足にもなることはあるまいと納得。
それにしてもメモリーを積めば積むほどよいだろうと予測できるのは動画編集作業らしく、僕自身動画には興味ないけど、上の写真=Davinciresolveというアプリが業界/プロでも使えるレベルなのに、フリー無料なので、一度試してみようとインストールした次第、、、まあ本末転倒だけどね。

旅行に備えて、運動節制中

先週の高山出張、膝をついての撮影が長時間だったせいで例の左膝痛がうずく。
そんな事もあって運動節制中、来週は鍼灸でまた見てもらう予定。
それとは別に保存食が減ってきたので、昨日は糖質制限チョコクッキーと多めに作ったチョコレートで、オランジーナを少し作った。今日は在庫払拭のトマトソースと我が家風直径26cmのハンバーグ=ケーキバーグと呼んでいるものを作った。下は直径40cmほどのダッジオーブンで煮込み中のトマトソース、400gのトマト缶7個使って、8食分ほど保存。

2019年2月3日日曜日

Raid_1(ミラーリング)で使っていた2台のHDD問題

変なランチの後も、PCというか外付けHDDと格闘中。
Raid1(ミラーリング)で使っていた2台のHDD,別々に接続して使おうとすると、どちらかしか認識しない。本来のパーテーションの前に小さな(赤文字で示した)パーテーションがあり、どうやらそこに2台のHDDを双子のように見せる情報があるような挙動をする。どちらも今はバックアップなしの重要なデータが入っているので、そのパーテーションを削除とかは、怖くてできないが明日以降新しいRaidHDDケースが届いたら、そちらにデータを移してから完全フォーマットしてみよう。

不調な日曜日のメチャクチャなランチ

今日は朝から、届いたばかりのRaidHDDケースをセットアップしていたら、突然のアラーム音。説明書を読んだら「本体故障」だそうで、年末以来3度めのAmazon返品。ついでにコピーしてセーブしたはずの重要データHDDが認識されず、元々のRaidしていたHDDは新Raidケースセットアップのときに初期化してしまった!イロイロやって、その重要データは今現在読める状態だが、非常に不安。一昨日の歩き過ぎで左膝も痛むし、空は曇り空。
気持ちを落ち着かせようと、IH調理器で練習中のだし巻き卵を作ってみた。
ついでにお昼ご飯は、そのだし巻き卵の端と、朝飯の残りのおでんを汁物に、最近マイブームのガーリックトースト風をオリーブオイルで作ったもの(オリーブオイルは失敗)、ベーコンの端っ布とほうれん草をグリルして、妙な組み合わせでランチ、終了!

2019年2月1日金曜日

もう一度、、、かも

夜9時早めに床に入った今夜、夜中0時前に覚醒めた=今
先週日曜日発注→火曜日キャンセルの新PC、「やっぱり作ろう」と夢に起こされた。
やっぱり前向きがいい、終息を意識するより多分いい、無駄になるとしたらお金だけ。
運用方法を変える、M.2接続SSDのCドライブにRAWフォルダーを置き、メモリーカードからはMOVEじゃなく、まずRAWフォルダーにCopy。画像選択/現像が終わった後、外付けRaid_ HDDにMove、その後メモリーカードをフォーマット。この運用方法で現行のワークフローより全体の流れを冗長性を保ちながら高速化でき、メモリーカード寿命にも優しいかも?
当面の現像ファイル書き出しはもう1台のM.2接続SSD=Dドライブ、仕事完了後は別途USB接続のHDDに保存。
こんな運用方法と新PCで2年ぐらいは気持ちよく働けるかもしれない。逆にこういうシステムを作ることで、まだ2~3年ぐらい仕事意欲を後押ししてくれるかも・・・という考え方。
そして朝起きて、また迷う・迷う、、、想像力の欠如?
押し止める要素は、仕事量の予想減に対する無駄使いという気持ちベクトル。
想像として、2年後に今のPCが元気だったら?
今のPCが壊れたら?、
マウスコンピュータのDAIVフルスペックノートPCとeGPUシステムを買うか?
VAIOが壊れたら?などなどだが
結局、朝イチでお店に行き再発注という結論でしたぁ~

2019年1月31日木曜日

66歳の悩み

なんて言うか、新PC発注&キャンセル絡みで最近のPC周辺状況を見ている自分=見える性能=スペックに拘ってる感あり。つまり、見えない価値≒感性が衰えているような気がする。昨日の久しぶりに撮ったモデル宣材撮影でも「ソレ」を感じるシーンを多々感じた。
新PC発注段階では、ソレをテコに自分に「喝」を入れる気分があったが、キャンセル段階では終息に向うタイムスケジュールが念頭にあった。どちらが正しいと言うか?望ましいのか??

外付けGPUという選択

https://ch.nicovideo.jp/DanVamme/blomaga/ar1654043
メモメモ、ノートPCでQuadro系10bit出力→外付けモニターを使おうと思うと、eGPUという手があることを発見、一般的に接続はThunderbolt3を使うらしい。まだ先の話だけど可能性を探った。 次のPC、ノートにするならその時の最高もしくはひとつ下のCPUで6コアあたり、RAMは最低32GB、M.2_NVMeSSDを2台接続(可能な機種)、外付けGPUでQuadroかAMDのファイヤーなんたら(10bit出力)、eGPU接続のためにTB3(Thunderbolt3)はマスト、とこんなところかな? いずれにしても、外付けストレージは現行のeSATAからUSB3に変更しなければならないので、この整備を進めようとしたが、あまり先走っても変更の可能性もあり、必要になったら整備するという前提で心の準備中。

2019年1月30日水曜日

新PC→ちゃぶ台返し

新PC→ちゃぶ台返し
日曜日に速攻発注した新PC、火曜日に「ちゃぶ台返し」でキャンセル。
https://www.mouse-jp.co.jp/creator/note/ng7510/#daiv-ng7510s2-m2sh2
その心は、まずマウスコンピュータのノートPC↑でM.2ssdを2本挿すことができ、AdobeRGB比100%のディスプレイ装備、RAM32GB搭載で27万円程度のモノを発見、いまサブ・出張用のVAIO13インチZがWindows7で来年か再来年にはサポートが切れる事もあって再来年あたりが買い替え時期。大量の画像処理を速くする習慣を維持することが今後どれほど必要か?、あまり必要じゃなくなったときに「無用の長物=フルタワーのデスクトップPC」にならないか?後悔しないか?
つまり、職業的にバリバリの高速デスクトップPCを今?更新する必要があるのか?「次」はM.2ssd2本挿しのノートPCで良いんじゃない?32インチ4KモニターはHDMI接続で使えるし、いまeSATA接続で使っている外付けHDDやSSDはUSB3.0接続で使えるし、強いて言えばQuadro系のグラフィックボードが使えない辺りだけが問題だけど・・・
だったら、今も十分サクサク動いているこのPCに数万円の投資で10億色対応のQuadroを驕ってやり、2~3年というスパンで頑張ってもらうという計画もありだよね?
壊れたり、サポート関連で使いにくくなったりしたらその時点でノートPCを含め考えればいい、またはVAIOをそのノートPCに置き換えてから、デスクトップPCの処遇は考えればいいというのが昨日「火曜日」の結論。

2019年1月29日火曜日

今日はアカン

今日はあかんネ、なんとなく。
朝イチ、バターとリコッタチーズを作って残ったホエイでパンケーキを焼いたんだけど、ホエイの量が多すぎたのと、魚焼きグリルで焼いたのがマズかったのか?真ん中が生焼け。
朝食後、ウォークに出たが左膝痛みの予感で1/3程度で切り上げ。

2019年1月27日日曜日

新PC発注/お金はエクスペリエンスのために使う

燻製作りの待ち時間を利用して車で10分、商談2時間。
結局ショップオーダーでPC発注、U様にご紹介いただいた担当者さんに相談しながら、メモリーを速いモノにアップグレードしたり、グラボをダウングレードしたりで以下の仕様に決定→速攻発注、それなりの散財になったけどね。
キモは4チャンネル動作するメモリーを64GB搭載、
M.2接続という従来のSATA接続に比べて数倍速いSSDをシステムとデータ書き出し用に計2台搭載、
これまで8bit出力だったグラフィックカードを10bit出力できるQuadroにした辺り。
循環器系(ストレージやメモリー)を鍛え、絵筆(グラフィックボード)を繊細にした感じ、CPU(心臓?脳みそ?)も少し速くなったので体感的には2倍速いPCになるかな?もっとかな?
最近思う僕の格言「お金はエクスペリエンス(経験)のために使う」、、、旅行もそうだね。
今日は風が強く、燻煙が飛びやすかったのでチップをいつもよりたくさん使い、時間もかかっている。現在5時半だけど、まだ煙っていてベーコン完成できず。

今日は燻製

今日も燻製開始まずは乾燥工程です。
もしかしたら今シーズン最後の燻製作りになるかも?
それとは別に新しいPC作り?、先日の買い物ゲームから進展して、U様というPCに強い友達の友達からご意見を頂いた。そのプランをさらに煮詰めていたら、面白くなってきた。CPUは上級クラスだがトップクラスは狙わず、マザーボードを要に構築し、クアッドチャンネル・メモリー周りとM.2のSSD2基で「足腰」を鍛える方針が気に入った。もう一つの要がグラフィックボード、Quadroというプロ向けを使ってみる。メリットは、モニター出力が10bitになり、色の階調再現力がアップする予定。自作になるかもしれないし、ショップオーダーになるかもしれないが、どこのBTOショップを見ても帯に短し(要求性能を満たせない)襷に長し(レベル高すぎで予算オーバー)なので、自作しかないかな?っと覚悟し始めたら、U様がオーダーメイドできそうなショップを紹介してくれた。

2019年1月24日木曜日

E-M1X、良いんだけどなぁ~



http://digicame-info.com/2019/01/om-d-e-m1x-1.html
このカメラ、昨秋以来の新フルサイズミラーレス発表がかしましい中、マイクロフォーサーズという小さめのフォーマットで、結構でかいボディ、かつソコソコのお値段となると、立ち位置が微妙と感じる向きも多いかと思うけれど、仕事撮影の最終印刷サイズ、優秀で小型軽量なレンズ群、プロキャプチャーというシャッターボタンを押す前の画像を撮れる仕様(ストロボもシンクロ速度は遅くなるが電子シャッターシンクロは使えるらしいが、連写に耐えるストロボがあるか?)等、考え合わすと似たようなスペックになるsonyA9と縦位置グリップを足したよりお安く、ボディ+縦グリで似たような大きさ、レンズまで含んだ大きさでは圧倒的に小型軽量。更にサブ機に小型機を選べば、運搬機材量・重さともにかなり小さくまとまる。ポスターとかの仕事以外、雑誌メインのカメラマンなら困ることはないはずで、僕も仕事用に一式ほしいぐらいだが、いかんせん僕の仕事ではキャノンのTSEレンズは必須、ソレが使えて、小さくデイリースナップにも使ってるsonyA7シリーズをすでに2機種持っているので残念。もう少し援護すれば、この新機種では手持ちハイレゾショットで5000万画素、三脚仕様で8000万画素の撮影ができ、画面の縦横比がフルサイズの3:2に比べ、印刷物で使いやすい4:3というところも気に入っている、、、5年前の仕事状況なら買い揃えていたかも?

豊橋のOb君が作ってくれた紙別Iccプロファイル

モニター買い替えに絡んでモニターキャリブレーション→カラーマネージメント→プリンタープロファイルとすすんで、僕のより高価で高性能な測色器を持っている豊橋のカメラマンOb君が新規やり直しでPX3Vという二人共が持っているエプソンのプリンター用、メーカー提供のプロファイルでは微妙に難ありの紙3種類のICCプロファイルを作ってくれた。それらを当ててプリントすると、モニターとのマッチングもかなりいい感じ、写真用紙ライトという薄くて安いコンタクトプリントなどにちょうどいい紙も、ワングレードアップしたような仕上がりをする。超簡便だが、メーカープロファイル適用プリントとOb君プロファイル適用のプリントを並べて撮影してみた。
まずは、同じ紙で、プロファイル違い
 ↓は、それぞれOb君作のプロファイルで紙違い、だいたいピクトラン局紙にはプロファイルの提供がなく、写真用紙のプロファイルを適用せよというのがメーカーの言い分で、紙白がかなり黄色い分全体に黄ばんだ色合いになるのが紙の味だと理解していたが・・・

リハビリ的ハーフウォークでHDR演習

右膝痛、だいぶ回復の様子なので今朝ハーフ・ウォーク。昨夜懸案だったヤフオクで出品したモニターが即決価格(想定最高額)で落札されたのも嬉しい。
今朝方はVenezia訪問税導入のニュースを知ったせいか?わけの分からぬテーマパークのような変な街を、高校時代の友人と一緒に変な観光乗り物(ヘリコプターのような)に乗って走り回る夢を見た、ハーフ・ウォークではお店のショーウィンドウ越しに中を撮る時、ガラスの映り込みを消す道具をお試ししたが、ソレも自作改良小型化アイデアが閃いたりモロモロヨロシな雰囲気・・・写真は改良前の購入品。
久しぶりにウォークしたついでに、写真↑の映り込み防止ツールを使ってウィンドウショッピング・ショット、それをHDR現像してみた。HDRはある種の毒だね、毒も使いようで薬になるから使いようには勉強・練習が必要ってことかな?









2019年1月23日水曜日

右膝の痛みもほぼ収まった感じだが、まだウォーキングは控えている。ソレが気分内向き・少々鬱屈の原因になっている。
右膝の痛み、原因はわからないけど痛み始める1週間ほど前からウォーキングに履き始めたNIKEのアシメトリーデザインの靴が怪しいと睨み、普段履きの靴も替えてみた。

2019年1月21日月曜日

2月を前に仕切り直しか?

昨年末からの左膝痛、少し良くなってウォークするとまた痛むという繰り返しだったので、この1週間ほどほとんどウォークしない生活。ウォークをしないと「お散歩写真」も撮らずで少々鬱屈気味だったが、同時にすでに「日常お散歩写真」に飽きを感じていたのも事実。
時間の流れでいうと、2009年以来の日常写真や旅行写真を2016年にまとめ写真展。その後も止まらず、2018年=昨秋、2016年から2年間分をまとめ写真展。その余波が続いていたが、そろそろ息切れかもしれないっと、そんな気がしてきた。2009年以降昨秋までの写真には一貫して「気配を撮る」という気持ちがあったが、最近気配をあまり感じなくなったとも思う。
もう残り1ヶ月を切った2月のVenezia旅行を控え、足腰の衰えや感じる力の衰えなど、不安でもあり「変化」が楽しみでもある。

2019年1月19日土曜日

PC問題、その2

「使えるうちが華」老いて使えなくなる前に買えの意。
「あと何年使える?」使える時間と機材老朽化・陳腐化のバランスを考える。
今のPC(2011年4月購入後、途中メモリー増量で計24GB、システムドライブほか計3台をSDD化、グラボ増強)、電源やスイッチなどの故障さえなければ、まだ3年程度は自分にとっての陳腐化や老朽化=性能劣化を感じず使えるだろう。
3年後のPC周辺機器の進歩と低価格化のバランスを期待できるか?
3年後、自分のPC使い方と要求性能はどうか?
初代iMacはマザーボードの故障、Windows2000/デュアルAthlonで使っていたPCもマザーボードの電源部故障で昇天、など思わぬ落とし穴もあるので、3年間を目安にどこかが壊れるまで使うのが吉か?
2011年BTOで買ったパソコン工房でAMDの24コア/48スレッドCPUとGPUをクアドロにしたりして見積もりを出すと以下、まぁiMacPro並か?少し安いか?
追記:今M.2のSSDを新発売1TBにアップデート、アプライドで再見積もり待ちだが\40万を予想、そうしてみるとパソコン工房の見積もりではRAMのスピード、SSD周り、GPUがプアーなので、CPUは3倍のスピードとはいえ、実用的にはアプライドの見積もりでお値打ちかもしれない。

2019年1月18日金曜日

買い物ゲーム終了

閑するといけないねェ、物欲があるわけじゃあないけどモニター買い替えついでにPCも!っと、買い物ゲームに走ってしまった。加齢含みの「あと何年使える?」「使えるうちが華」などのキーワードでコスパなどを求めたが、ザックリ言って、今のPC全然不満のない速さなので、たとえばRAW現像が2倍の速さになったとして、(ザックリ見積もりして)32.5万円は高いと言うより、時期尚早な感じ。
モニターの「売り時」プレッシャーのようなものも感じないし、中古PCは売りにくいし。というわけで、ゲーム終了。
(以下の見積もり、仕様は違うけどDellよりはお値打ち、マウスよりもお値打ち、選べる仕様も含めれば一番お値打ちかも)



1/18、朝起き一番

変な夢で目が醒めた、Tくんという昔のアシスタントが、「機材を積んだ車がない」と言う、盗まれたかも?

同じT君に某ブツ撮り撮影を任せる、4x5フィルム1/2での撮影、丁寧すぎると思ったけど、ちゃんとこなしていた。

日進の旧自宅、南の庭先で、知らない女性が猫を飼っている、北の玄関先では亡き母親が、超小さい(体長2~3cm)の子猫数匹にお菓子をやっている。

そして起き出して隣のスタジオ(直線距離20m)に向かうと左膝が痛み、もう歩けないのではないかという妄想が頭をよぎる。

昨日「写真の不調」を感じた頭で、コレまでのように「ありのまま」を撮ればいいという声が湧き上がってきた。
写真↑はモニター騒動とりあえずの着地点、ユーザー2という設定はブルーを落とした色調(いわゆるブルーライトカット?)で暗めの輝度設定をにしてネットを見たりするだけのときはこちらを使う。ユーザー1にはAdobeRGB率99%を達成したキャリブレーションを設定し画像処理のときに使う、本当は校正1という設定がBenQ純正アプリのキャリブレーション設定出来るんだがコレは不調、今度友人のi1Proという測色機を借りて再調整・再挑戦の予定

2019年1月17日木曜日

1/17,膝痛あり、不調

なんだか不調、昨日でモニター騒動も収束の模様。膝の痛みも収束かと思いきや、昨日のハーフウォークのせいか?今朝はハーフも歩かず帰宅。この朝ウォークができないと気分が澱む、そして写真が撮れないと言うか、自分の真似事をしていてつまらなくなってきた、HDRもテストを続けているが、ノーマルでツブレたり・飛んだりした写真のほうがいいと思ってしまう・・・ココは個人の好み・感性。
迷いが生じているな、2月のVeneziaを前に、この膝と迷いは痛いな。志賀理江子の写真集「ブラインド・デート」告知・広告を見たが、あまり買おうという気起きず、買ってもきっと読まないだろうし、手法は参考にするかもしれないが、それは真似。

2019年1月14日月曜日

モニター騒動「3度目の正直」?「二度ある事は三度ある」??

Dell返品→BenQ_SW320返品→BenQ同型機/別個体を再度発注し、今朝届いた。やはり最初に届いた個体は梱包し直されて(テープが2度貼りされて)いたようで、新しく届いた個体とは梱包の仕方が微妙に違っていた。Dellを含め3台目ともなると慣れたもので、返品しやすいように開梱、組み立て、そしてキャリブレーション中。
まずはBenQ純正のPaletteMasterElementというハードウェアキャリブレーションが出来るアプリで!、検証ではまた不合格が出たが、多分6500°K・明るさ160カンデラのデフォルト設定でないと合格が出ないのではないかと推測。2番めのSpyder5proの純正アプリでもキャリブレーション、検証ではAdobeRGB率96%↓だったのでまぁ良しとする。
今は3番目のアプリDisplayCALという一番精度が高そうなアプリでキャリブレート中。ターゲットは白色点5800°°K,明るさ120カンデラ。昨日までの目視によるプリントとの整合性では5000°Kでは赤く、6500°Kにすると青いので、まぁ中をとってとりあえず5800°Kでやってみようという魂胆。ただ、BenQ純正アプリと、モニター本体のOSD(調整ボタン)では、すぐにプリセットの値に戻したがったり、プリセット値だとせっかくキャリブレートした設定に戻れないだの、輝度とかRGB値が変更できずやり難いのなんの・・・もういい加減にこの3台目でケリをつけたいと思っている・・・いずれにしてもモニターでちゃんと写真を判断できる状態を作らないと、次に進む足腰ができないようなものだ。そして丁度と言うか、このところ自分の写真に「迷い」を生じているので、足腰を鍛える作業はちょうどいいっか?
そして今朝、ちょっとやり方・設定を変えてみてSpyder5proというアプリでキャリブレートした結果が↓、AdobeRGB率99%=メーカーカタログ値を達成したので、コレにて合格=めでたくモニター騒動収束と相成った次第。このプロファイルでしばらくプリントして様子を見てみようと思っている。
今回のモニター騒動、「買い換え時」という判断基準もあるんだが、今回の場合は古いモニターの「売り時」という圧力が強い、、、色再現力はバッチリなんだけど壊れてからじゃあ面倒だし、だいたい売れないし。

2019年1月12日土曜日

所在ない土曜日

先週?からの左膝痛と右肘痛、知人の鍼灸院へ行ったら「運動しすぎ」らしく、もう1週間ほど、あまり歩かず、あまりぶら下がらず、スクワットも控えめなどフィジカルに所在ない。おまけにモニター問題、2台返品後3台目が届くのが明日の予定。所在なく、昨日夕方行ったイケア近辺の夕景を、いきなりHDR現像してみたり・・・