2017年7月20日木曜日

sonyのα7mk2=安ーい@キタムラ

sonyのα7mk2=安ーい、壊れていてもなんでもいいからジャンクカメラ・レンズを下取りしてもらって20000円引き、sonyのキャッシュバックキャンペーンで20000円引き、クレジットカードのポイントはTポイントで多分1000円引き相当、ついに実売100000円を割った!

2017年7月19日水曜日

SIGMAのプロサービス?って

SIGMAのカメラ、嫌いじゃない(結構好きかも)が
プロサービス始めるって何?
プロが仕事で使えるカメラか?と軽口を叩きたくもなる。
もとい!レンズはいい、スッゴクいい!僕も仕事でバンバン使ってるんだが、、、
それにしても、わけわからん!新しいプロ仕様のカメラでも出すのかな?
と言っても、今年は9月のフォトキナないはずだし・・・

週刊現代、読めば読むほどなるほど!恐ろしか!!

週刊現代、読めば読むほどなるほど!恐ろしか!!

糖質制限の夏・昼ご飯

糖質制限の夏・昼ご飯にはこれらがヨロシ!
特に「錦のこんにゃく」はその細さが喉越しヨシ、送料無料を狙って130食近く買ったので今年の夏のお昼はコレを食べる率高いと思う、一袋150gだが僕一人の時は2袋で1食、家人と二人ならば二人で3袋。今日は僕一人だったので、コレ二袋とナスの煮浸し・厚揚げの煮浸しでランチ、自家製糖質制限チョコクッキー2枚がシメ。
 コチラもなかなかの出来で美味しいが、若干高くポン酢ダレが余分なので時々食べる程度

今朝も朝練・習=3日連続

今朝も朝練・習=3日連続、今日はメインのカメラをsonyのα7mk2に600mm反射望遠レンズという組み合わせ、もう1台SIGMAのDP2Merrillというコンパクト機を持ち、その持ち歩き方を含めて「練習」。当初の予定はウォーク折り返し点あたりにあるスタバのテラス席に座って600mmキャンディット・スナップしようと思ったんだけど、周りの人の流れなどが少なかったのでヤメて歩き続けた。踵上げ運動をずっとやってるせいか?長いウォークでも踵が痛むことがなくなって、丈夫になった印象。しかし歩きながらの600mmスナップは被写体を見つけることやカメラを安定的に支える点で難しく嫌になる。
途中、家財道具のようなモノを両手に持ち、下を向いて歩いている男性を見つけ、その暗さ加減に後ろから1枚スナップ、追い抜いて歩き相当前に行ったところで物陰に隠れて600mmでスナップ。身なりからホームレスではなさそうだが、それにしても暗い!病気になるゾッと心のなかで話しかけた。
毎日のように、暑くなる前の朝、何かを見つけようと思わず、カメラなりレンズなりを変えてスナップ練習するのは「ヨロシイ」と思う今日このごろ。














2017年7月18日火曜日

今朝も朝練・習

昨日に引き続き、朝のウォークを兼ねて撮影朝練習。今日はこの頃あまり持ち出していなかった21mm相当の超広角レンズ付SIGMAのdp0quattroというカメラ、そしてもう一つの狙いが、SilkyPixという僕が常用している現像ソフトのバージョンアップでSIGMA製カメラのRAW現像が(一部のカメラだが)可能になったので、それを試してみるという練習RAW現像を試すこと自体は既に実験済みで、実戦的な使い勝手や画質を試すという練習。結果的には、まず期待したほど速くなくほぼSIGMAの純正現像ソフトと同じくらいの時間がかかり、現像パラメータの扱いが慣れてないためか?画質もSIGMAのほうが本来の解像感を出せる。今回はモノクロで現像したので、色味については不明。
ただし、SilkyPixを使えるメリットは以下に書くように主に作業性の面で大きい。
①現像するカットにパラメータを調整する工程と実際に現像する工程をバッチ処理で行える点、
②Canonやsony、オリンパスなど他のカメラで撮った画像と同じ作業の流れでRAW現像ができる点。
③SIGMA純正現像ソフトでは出来ない、傾き修正・レンズ歪曲・周辺光量など使い慣れた処理をフォトショップを使わなくともできる点。






2017年7月17日月曜日

コシナの超広角、Eマウント!!

ちょっと物欲刺激される↓

ミズノ夫妻の写真展二度目の訪問

「今日は 2度目にも関わらず、 随分不躾な 質問にもかかわらず、お付き合いいただき ありがとうございました。結構悩めるRAWカメラマンには刺激、ヒントをたくさん頂き嬉しい午後の一時でした、モロモロ憶えていたら今年冬の初め、フィンランドなど行けたらイイなと思う宵、Londonと絡められば、なお幸せと思って、酔っ払いはソロソロ寝ます。」
とミズノ夫妻のコメントにお返事を書いたのは昨夜、酔っ払って寝床にはいる前。
昨日ミズノ夫妻の写真展二度目の訪問では不躾な質問をさせていただいたが、それを自分に反芻しながら、ミズノ夫妻にリスペクトを込め、オマージュになっているかどうか?朝の散歩でスナップしてみた。主に、トリミングの問題と水平垂直の補正など・・・






一泊二日、20800円ぐらいで東京上野観光

さて下の写真はNHKクールジャパン上野特集を見て思い立った一泊二日東京上野観光。



↑↓は山手線で見かけた車内広告、僕がやりたい手法=魚眼パノラマだった。

クールジャパンイチオシの上野=アメ横



国立西洋美術館は、ル・コルビジェの建築がメイン、先週一柳くんとその話をしていて思いついた・・・行き当たりばったりだ。




2017年7月13日木曜日

ミズノ夫妻写真展_7/12拝見

もうかれこれ10年近いおつきあいになる「真面目な」写真家ミズノ夫妻の写真展を観てきた。ミズノセイジ・ハツミというご夫妻でユニットとして写真を発表されているので、どちらがどの写真を撮ったなどということは未公開、そこいらは少し変わっている。
場所は名古屋の八事、noivoiという素敵なGallery、、、情報は以下URLをご参照。
http://noivoi.com/exhibition_170711.html
ハツミさんは在廊ではなく、ミズノセイジさんは写真右の男性、左に写っているのはかれこれ20数年のお付き合い、元々は某専門学校で僕が教えていた学生の一人、そしてミズノご夫妻を紹介してくれた=現在建築家。
今回の展示は流れる映像と7㎝角ほどの小さな多分すべてパラジウムプリント?というClassicな手法の銀塩プリントである、撮影はフィルムカメラが多いが、デジタルカメラも使っているとのこと。たくさん話したが、会場ではほとんどテクニック・アプリのことやパソコンの話、どうでもいいことばかり話していたようなきがする。一夜明けて思い出してみると、ミズノ夫妻が仕掛けていた小さなプリント、パラジウムプリントの質感、額装なしの展示、あまり具象的な情報を持たない写真達、これらすべてが妙に懐かしい貴重な写真という「存在感」を放っていたことあらためて気づいた展覧会だった。



 ↑600mm反射望遠レンズのリングボケを見せようとガラスブロック越しに車の反射を撮っただけ、、、リングボケはよくわからなかったけど。


200円で落札したレンズ

ヤフオクでSIGMAで使えるレンズ側マウントパーツが欲しくて、200円で落札、送料が700円かかり合計900円になったが、飛び出しているパーツを外したり削ったりしたら見事SIGMAのカメラやマウントアダプター経由でsonyのα7mk2にも取り付け出来、なおかつそこそこ使える!そしてレンズ自体200円+送料700円とは思えない綺麗さ、マウントパーツだけを使う予定はまだないので、しばらくレンズ遊びをしてみよっと。



2017年7月11日火曜日

高性能・高額な常用保護フィルターの件、その後テストをしてみたんだけどうちにある保護フィルター類=結構中級のマルチコーティング物が多く、件のニコン製ほど高価・高性能ではないが、ほどほど高性能なものを少しだけ買い増した。1日遅れでもっと問題が多そうなPLフィルターも発注。ビックリしたのがハクバでは最高級品のこれらの商品、売れ筋とそうでない口径ではお値引きに大きな差があり、僕が当面一番問題だと思っていた62mm口径は不人気商品か?70数%OFF!ラッキー!!とポチってみた。もう一回り小さい58mm径のレンズにはステップアップリングで対応するつもりでそちらもポチッ。

本郷のスペイン料理屋ダリ、ランチのテイクアウト始める!

超ローカルな情報で申し訳ありませんが、名東区本郷にあるスペイン料理のダリさんが、軽いランチのテイクアウトと小さなテーブルでのイートインを始めました・・・という折込を持ってダリのオーナーの奥さん(知人)がいらっしゃった。その足でダリに向かい、ガスパチョと、スイカのガスパチョ、にんじんサラダを買ってお持ち帰り、

ウチの冷蔵庫にある野菜を足して、糖質制限パンにフランクフルトをはさみホットドッグ風、ベーコンを入れたオムレツも焼いてランチ↓

2017年7月10日月曜日

常用保護フィルターでゴースト

アタシは基本というか、デイリー持ち歩きカメラには高性能ではない普通の常用保護フィルター付けっぱなし派+レンズキャップしない派なんだけど、最近SIGMAのsdQuattroH でかなり逆光かなり露出オーバーな撮影をしていて、ハッキリしたゴースト像を経験した、その時はsdQuattroH というカメラのセンサー前レンズマウント後ろにあるダストフィルターがゴーストの原因かと疑っていたが、何かの拍子に保護フィルターを外して逆光・露出オーバー撮影をしてゴーストが出ないことを見つけ、ちょっと驚愕した矢先。40年を超える写真生活の経験で、保護フィルターの悪影響でコントラストが下がったり、フレアっぽいものが出やすいという知識はあったが、ハッキリしたゴースト像は想定外だった。
最近、パフォーマンスを見直して感心しているSIGMAのsdQuattroH なので、sonyのα7mk2も含めて同じレンズで保護フィルター有り無し画質チェックをしてみようと思っている。

2017年7月8日土曜日

5月に日本国内デジカメ集荷量(台数)で一眼レフをミラーレスが上回ったそうだ!、たしかに僕と豊橋のO君、特にO君はCanonの一眼レフを買い増すつもりをsonyのα7Rmk2に変更した。僕は中古の現有一眼レフ2台を売って、sonyのα7mk2を買った、トレンドに乗ってるネ!

マニュアルフォーカス600mmで手持ちスナップの練習

マニュアルフォーカス600mmで手持ちスナップを撮るには、何を撮るか?というようなメンタルな問題以前に腕力・集中力のようなフィジカルも必要で「モノになる」かどうかは別にして、ただ今練習中、、、モノにならないかもしれない、、、200mmF4マクロ辺りのほうが良かったなどと弱気含み。そして車のウィンドウ越しスナップではピントが来ないわ、解像力ボケボケだわ~